猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 10日

山田風太郎「戦中派復興日記」読了

e0030187_1754593.jpg












~2月9日より続く

 昭和26(1951)年7月13日(金)、小石川の共同印刷グラウンドで
行なわれた
<探偵作家キラーズ軍と挿絵画家カラーズ軍との野球試合>は、
<七対七(?)七回戦でやむ>(p105)、チーム名がいい。

 同月21日(土)、
< 癲癇(てんかん)の症状Ekstaseを「消魂大悦症」と訳す。かかりたい。
  ひるから上野図書館へゆく、西郷銅像下の工事場の名前は「上野西郷
 会館新築工事」及び「ラムール劇場新築工事」。>(p108)

 同年8月から出費が記される。相変わらず酔っぱらっているのに、細かい
金額が出ているのは、たとえば八百屋でも「玉葱(たまねぎ)七円、みつば
三十円」の領収書をもらったのだろうか?

 8月12日(日)より__
< 世界人口の7%を占めるアメリカは世界総所得の42%を享受し、
 世界人口の54%は世界総所得の13%を得ているにすぎない。中間の
 39%の人口が総所得の55%を得ている。
  つまりアメリカ人が6円の生活をしているならば、西欧は1円40銭の
 生活をし、東洋民族は実に24銭の生活をしとることになる。実に
 1/25の生活!
 [中略]
  世界の不幸は現在のところ共産主義にあらずアメリカの富にある。
 持てるものは一層タンランをきわめる。>
(注:漢数字を洋数字に変更。p136~137 )

     (山田風太郎「戦中派復興日記」 小学館文庫 2014初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-02-10 15:40 | 読書ノート | Comments(0)


<< O(オー)氏邸に愛をこめて      山田風太郎「戦中派復興日記」もう少し >>