2015年 03月 12日

リハビリ散歩再開

e0030187_2219036.jpg








 今日は暖かい。ぎっくり腰を再発したSだが、2週間の静養の後、
ついにリハビリ散歩に出かけて行った。気温は上がってきても、寒々
しい曇り日だったり、風が強かったり、なかなか出てゆくきっかけが
掴めなかった。治りかけて再発したので、なおさら怖い。
 カメラを持って出て大丈夫だろうか、いや、大丈夫な訳がないと、
正しい判断を下して歩きに出て、疲れて戻ってきた。散歩は行きだけ
ではないから、特に歩き出しは注意が必要だ。
 和田堀近辺の猫だまりでは、ヒトと猫の共同体が発現中だった、と。

 他人事(ひとごと)のように書くのは、わたしは同行せず、うらうらと
した春の日に部屋にこもり、せっせと足し算と検算をしていたからだ。
明日、やっと税務署に行く。
 たまに、2月の受付開始日ころ行ったこともあるはずだが、大抵は
億劫さに負けて、提出期限ぎりぎりまで伸ばす。
 だって、ほんとに楽しくない行事だ。確定申告用紙に添えて、医療費
の領収書も出すけれど、あれをいちいち、病院や薬局からの請求額と
照らし合わせているとは思えない。人手と手間がかかり過ぎる。

 その労力を省くためにも"マイナンバー"制度を、と政権側は主張する
だろうが、個人情報の一本化は危険だ。漏れない情報システムはない。
 ガードは常に破られる虞れがあるから、パスワードの使い回しを避け、
できれば定期的に変更するよう、ログインする度にうるさく注意を喚起
されるのに、政府が管理するから絶対大丈夫だと保証するのだろうか、
原発安全神話みたように。
 嘘つけ! "個人"を"国民"枠に集合させ、管理したいだけじゃないか。
独裁国家を作りたい、という欲望が"マイナンバー"制度を推進する。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-03-12 20:15 | 雑録 | Comments(0)


<< 税務署行き/木村荘八のお墓      四年後 >>