猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 01日

「グレート・ミステリーズ12 伯母殺人事件・疑惑」を読み始める

e0030187_21285437.jpg












 近所のBOで、嶋中文庫? 何だろう?、と思って買ってきた。
中央公論新社ではなく、嶋中書店発行なんだ...えっ、1985年
創業で2007年解散手続きに入る...1999年の中央公論新社発足
以前にできていて、この巻でシリーズが途絶したのか。

 1960~61年刊行の中央公論社版「世界推理名作全集」を
底本にしたとある。他の文庫で読める作品がほとんどだから、
売るのは大変だっただろう。
 クリスティが河野一郎 訳だったりして翻訳者選びがすてきだし、
活字が大きいのは老眼に優しい配慮だけれど、老いたミステリ好き
が、もう一度この文庫で読み直したくなるだろうか?

 この本だと、新刊では800円(消費税が5%のときに刊行)。
リチャード・ハル/中村能三 訳「伯母殺人事件」+ドロシー・L・
セイヤーズ/河野一郎 訳「疑惑」、が一冊で読め、ジャケット画は
和田誠によるセイヤーズの肖像。楽しい本ではあるけれど、ウリが
これだけでは難しい。

 セイヤーズから読む。短篇「疑惑」と「アリババの呪文」だ。
「疑惑」は、わたしでも分かる展開。「アリババの呪文」は、
イギリスのミステリがすぐ冒険小説に先祖帰り(?)してしまう
例だろう。

「伯母殺人事件」は、そういえば読み落としていたので、昨夜
から読み始める。Llwll(ルウール)という町の名前がどんなに発音
しにくいか、という話から始まる。日本語でカタカナ発音すれば、
すごく簡単なのに、英語では大変らしい。

 最初の"ll"は、
<"cl"を発音しかけてだれかに首を絞められたかのように、
 喉の奥でクッというような音を出す>
 真中の"w"は、
<どっちかといえば"o"を二つ重ねた発音に近く、しかも
 それに"u"の発音がかすかにくわわっている>
 そして最後の"ll"は
<"lth"という発音になる>(p8)
 ウェールズには、ほんとにこんな名前の町があるのだろうか?

     (「グレート・ミステリーズ12 伯母殺人事件・疑惑」
     リチャード・ハル/中村能三 訳「伯母殺人事件」
     ドロシー・L・セイヤーズ/河野一郎 訳「疑惑」 嶋中文庫 2005初 J)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-04-01 15:18 | 読書ノート | Comments(0)


<< 中野区 橋場町 二七番地「大和...      坪内祐三「靖国」読了 >>