猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 05日

鈴木創士氏のコラム「第61回 ある公演中止の余白に」

e0030187_12563143.jpg












 今月の鈴木創士氏のコラムは、第61回 ある公演中止の余白に
 
<結城一糸率いる江戸糸あやつり人形座による芝居
 『分身残酷劇 カリガリ博士』>の公演は、9月に予定されていた。

<原作脚本:鈴木創士、演出・上演台本:才目謙二、人形演出:結城一糸、
 音楽:佐藤薫+BANANA-UG、舞台美術:島次郎、照明:斉藤茂雄、
 音響:幸田和真、人形・衣装:小林ともえが決定>、
 役者も
<十貫寺梅軒、笛田宇一郎、木下智恵、吉田朋弘>と決まり、
<人形遣いは、結城一糸、結城民子、結城敬太、結城栄、金子展尚、他
 が決まっていた>が、突然、上演されないことになった。

<来年の上演実現に向けて、新しい形態も含めた模索がまもなく開始
 されるはずです。そうしなければならないのです。>

 『分身残酷劇「カリガリ博士」趣意書』より__

< 操り人形と黒子の関係は分身と分身の関係である。分身が分身を
 操っていたのか。分身と分身の関係に主人は介在することができない。
 ところで、主人はどこかにいるのだろうか。よくよく考えてみなければ
 ならない。私は私と出会うことはできない。少なくとも四六時中は。
 私が死んでも、私の中にいるあいつは死なないのと同じことである。
 舞台の外にまで広がる茫洋としたこの空き地にいるのは、結局のところ
 分身だけではないのか。>





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-04-05 19:36 | 読書ノート | Comments(0)


<< 東と西に      ハル「伯母殺人事件」をあきらめ... >>