2015年 04月 16日

大川端ふたたび(〜おかず横丁〜佐竹商店街)

e0030187_19554854.jpg










e0030187_21354559.jpg










e0030187_21361418.jpg










 ほぼ一年ぶりだろう。暖かくなったし晴れてはいるし、大川へ行こう。
時間がかかるのがいちばん問題。大好きな蔵前まで一時間かかる。
地下鉄内でじりじりと耐える。2pm、やっと蔵前駅。

 厩橋にもテラスが通じた。海へ向って進む、といっても橋をひとつか
ふたつ通り過ぎるだけだが。大川がうれしくて、左手を川の上に差し
伸ばして歩く。水上バスもぎっしり人が乗っている。

 総武線の鉄橋のところで上陸(?)。柳橋1丁目をうろつき、浅草橋
でひと休みする。目の前のバス停から東京駅八重洲口行きが出ている。
日本橋三越前があるので、そこから銀座に向えば丸の内線で帰れる。
 だがしかし、このバスは一時間に1、2本しかないことが分かる! 
ほとんど東神田行きばかりだ。最初の予定通り、おかず横丁〜佐竹商店街
コース。

 浅草中学校の並びに榊神社。空気がいい。鳥越神社と同じように、熱心に
お参りする人を見かける。

 蔵前に戻る。三筋町を歩く。ここらに住みたい。こここそ約束の地、アルカ
ディアでありユトーピア。町の空気は清々しい。閑静な住宅地? フン!
 しかし義母をどう説得するんだ、大川が近くても浜本接骨院は遠く、本屋
も遠い...、うわ言と妄言を交わしながら歩く。

 おかず横丁のあと、またひと休みして佐竹商店街、新御徒町から戻る。
往復2時間、歩き2時間半、5:30pm、部屋に着いた。

[同日に追加:
 真中に写真を1枚追加。おかず横丁「入船屋」のショーウィンドー・
 クロースアップです。店内のガラス棚にある、木蓋に脚がついたような
 ものは何ですかと尋ねたら、商品が載ったお皿を近寄せて置ける台、
 と判明。]





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-04-16 20:04 | 雑録 | Comments(0)


<< 東京新聞による村上春樹インタヴ...      ジャン=リュック・ゴダール/奥... >>