猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 27日

ジャックマール&セネカル/矢野浩三郎 訳「『そして誰もいなくなった』殺人事件」読了

e0030187_174201.jpg












 フランスのミステリと英米系ミステリは、どうしてこんなに肌合いが
ちがうのだろう。ミステリなので謎があり、謎は合理的に解明されるの
だけれど、"合理性"や"論理性"といった言葉の解釈、語義が英語と仏語
とではちがうのかしら、という思いに駆られるジャックマール&セネカル
「『そして誰もいなくなった』殺人事件」だった。

 そういえば店の裏にHPB「グリュン家の犯罪」があったような気がするし、
背ヤケした「『風と共に去りぬ』殺人事件」もレジから見て左側2番目の棚の
下から2段目の裏(2列に並べていた奥のほう)にあったように思うが、どちらも
読まなかった。ささま書店の均一台で「『そして誰もいなくなった』殺人事件」
を見て、著者名が記憶に引っかかって買った。

 クリスティ「そして誰もいなくなった」の戯曲版がパリの劇場で公演された
さなかに起きた上演劇そっくりの大量殺人事件が、難を逃れた老優の手記
の形で語られる。フランス演劇界の話、癖の強い役者たちの話、それぞれに
面白く、いわば普通小説の部分が長くて楽しかった。謎解きミステリ・ファン
なら、さっさと話を進めないかと苛々するかもしれないが、風俗小説を楽しむ
人なら、この長い長い脇道を喜ぶだろう。脇道の果てには、唖然とするような
謎の解明が待っている。そこがむしろ付けたしに感じられるのが、フレンチ・
ミステリらしさ、であって(?)。

     (ジャックマール&セネカル/矢野浩三郎 訳
     「『そして誰もいなくなった』殺人事件」 集英社文庫 1983初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-04-27 16:19 | 読書ノート | Comments(0)


<< 田中啓文「落下する緑 永見緋太...      「楠森總一郎作品展 ランボオ遠... >>