猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 07日

田中啓文「辛い飴 永見緋太郎の事件簿」読了

e0030187_19115040.jpg












 ジャズ・ミステリからますますジャズ情話への道を辿ってる気がする
田中啓文『永見緋太郎の事件簿』シリーズだ。これはやっぱり、『中村
雅楽』のジャズ・ヴァージョンではないかしら? 

 帯に菊地成孔の惹句__
<ジャズのファンタジーが恥ずかしくなく描かれた最初の日本の小説>
__と、ある。まあ、そうね。河野典生みたように、読者を気恥ずかしく
させる要素は少ない。

 巧いし悪くはないけれど、音の好みが違ってるようだ。スタージョン
「マエストロを殺せ」(「死ね、名演奏家、死ね」)を思い出すのは
卑怯かな?

     (田中啓文「辛い飴 永見緋太郎の事件簿」
     創元推理文庫 2010初 帯 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-07 19:47 | 読書ノート | Comments(0)


<< 三國一朗「肩書きのない名刺」再読中      江戸川橋? >>