2015年 05月 10日

i dreamt a dream

e0030187_16563774.jpg








(昨日から写真のポップアップを止め、元に戻しました。)

 今朝方の夢には、友人たちが沢山出てきた。Sと山崎阿弥さんと
三人で、作りかけの商業ゾーンにいる。大きなビルの中にお店がある
のではなく、平屋を一戸ずつ建て増し(!)していく方式の商業施設で、
最初の店で阿弥さんが何か手に入れようとしていて、Sとわたしは先に
行ってると伝えたのだったか。

 次の建物に行こうとしたら、まだ赤土で造設中のところもある。夕べ、
「ブラタモリ」で鎌倉時代の鎌倉の町づくりの話を見たが、その反映
だろうか?

 木造の小さな教室みたようなミュージアム・ショップあるいは文房具屋
に入る。かなり客が多い。右奥の低い二段のボックスか引出しの中を見て
いたら、店員が、
 「ラピス様、お出ででしょうか?」と声を上げる。
 スーツ姿(!)のLapizがやって来る。彼は何か注文していたものを受取り
に来たようだ。
 「昨日のジンたちのパーティ、どうだった?」と聞くと、
 「ひとが多くって疲れたよ」。
 おとといだったか、佐藤ジン氏から写真家の集まるパーティに誘われたが、
暑くてヘバっていたので行けなかったことの夢ヴァージョンだろう。

 M画伯も登場! Lapizと待ち合わせていたらしく、ちょっと姿を見せて二人
ともすぐにどこかへ去る。

 左手入口近く、まるで和室の押入下段みたような棚に、バーゲンの服や雑貨
が重なっている。この棚の様子や室内は、先日の「suido cafe」の反映か?
 大ぶりのモンドリアン柄のカーディガン、阿弥さんに似合いそうだねと、Sと
話していると、阿弥さんがやってくる。
 「これ着てみて」。
 彼女はカーディガンを着てくるっと廻って見せる。よく似合う。
 「プレゼントするね」と財布を出し、3325円だったかしら、お金を出して
払おうとするところで目が覚めてしまった。だから阿弥さん、申訳ないが、
気持だけ受取ってください。

 夢の登場人物は、主人公の"わたし"を含めてみんな、30歳前後に固定
されている、わたしたちよりずっと下の阿弥さんも。夢の中ではみんな、
病いも老いもなく、元気そうである。
 夢とはいえ、無断でキャスティングしてしまった皆さん、ごめんなさい。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-10 13:28 | 雑録 | Comments(0)


<< レス・ロバーツ/安倍昭至 訳「...      三國一朗「肩書きのない名刺」再... >>