2015年 05月 16日

馬鹿に責任はない?/籾井勝人の場合

e0030187_1652871.jpg












 炭坑系財閥の息子らしい(?)籾井勝人は、相変わらずNHK
の会長職に居座っているようだが、今朝付けの「東京新聞」に、
4月28日のNHK経営委員会議事録が少し掲載されている。

 籾井勝人が私用で使ったハイヤー代金支払いをNHKに回した件で、
<「支払いが終了していないことについて(秘書室に)注意喚起し、
 必要に応じ指示を出すべきだった」との指摘に、籾井氏は「会長が
 ハイヤーの請求書が来たかどうかなど、民間会社では確認はしない」
 と主張。
  「NHKは民間ではなく、高い公金意識が求められる特殊法人」などと
 浜田健一郎委員長らがたしなめたが、「何が問題なのか」と納得できない
 様子の籾井氏に、最後は浜田氏が「厳重注意は経営委の総意」と打ち切った。
  経営委の籾井氏への厳重注意は三回目。ハイヤー問題とともに、経営委は
 籾井氏が議員と激しく言い争う場面もあった民主党の総務・内閣部門会議も
 問題視したが、籾井氏は「NHKを傷つけたとは思っていない」と語った。>

 籾井勝人は、三井物産米州監督兼米国三井物産社長、本社専務取締役、
副社長、そして日本ユニシス代表取締役社長、という履歴だが、三井物産や
日本ユニシスは何を考えて、こんな愚かな男に役職を与えていたのか? 年を
とって耄碌して愚かになったとは考えにくい、キャリアを感じさせる愚かしさ
である。
 何か弱みでも握られていてポストを与えざるを得なかったのか、それとも
この男を雇うことで特殊な利益でも得られたのか? 何があったんだと聞きたく
なるではないか。大株主として乗り込んで来られて、就任させない訳に行かな
かった、という場合もあるだろうが。
 "国辱的"って、こんな男に対して用いらるべき言葉であろう。


 丹生谷貴志氏のツイッターから引用。

<昔谷沢永一は「日本をダメにした作家」の一人として大江健三郎の名を
 挙げたことがある。大江氏であれ誰であれ、一国をダメにするほど読まれ
 影響を齎す一作家なんてのは「文化人の幻想」の中にしか存在しないのは
 明白なのになぜその明白さが無視されるのか、このことの方が、退屈だけれど
 分析に価する。>
(https://twitter.com/cbfn/status/599387977123430400)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-05-16 21:30 | 雑録 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2015-05-17 07:05
品がないしうまく言いつくろう知恵がないだけで多くの経営者も根は同じ、陰では共感したり、社用ゴルフ(友だちだけの)の楽しい話題になってると思います。
会社の金でゴルフをするのは当たり前だよなあ、と。
そいつらが安倍の暴走の風土をつくっている?
Commented by byogakudo at 2015-05-17 19:42
男のひとはやせ我慢するものだと無根拠に思ってきたのです
が、80年代辺りからメンズ・リブの一環でしょうか(?!)、
本音を臆面もなく素直に発言する、野放途に解放された男が
出現して、男の"オバチャン"化増進中、みたいに感じられます、
老若に関係なく。
嘆かわしい事態です(性差別主義者と言われてもいい)。


<< 中野区中央一丁目の散歩      佐野洋「同名異人の四人が死んだ... >>