猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 17日

中野区中央一丁目の散歩

e0030187_1871372.jpg












 暑いけれどもライフワークは待ってくれない。3pmころ部屋を出て
地下鉄で2駅、中野坂上で下り、山手通りを渡って歩き出す。日陰は
まだ少し。

 どこを歩いても中野区中央一丁目から離れないが、すてきな崖下道に
ぶつかる。むかし「東京人」に川本三郎が、高輪プリンスホテル近くの、
地図に描きにくい、住居と雑木林の混ざったような不思議な道について
書いていて、添えられた略図を手がかりに、なんとかたどり着いたことが
あったが、あそこを思い出させる、崖下の道だ。古い東京の風景である。

 山岡鉄舟旧居跡の看板が出ている。坂道を左に下るとお寺の正面になる。
ここにもお知らせの看板(ここから>お寺>の3ページ目「鎮国山高歩院」を
探すと、お知らせの内容も読めます。)が出ている。ぶっきらぼうな文体で、
今のひとだと即座に"上から目線"と反応しそうだ。せっかく庭木の趣きも出て
きているのだから、ここを中層とはいえビルに建て替えたら失われるものが
大きすぎる、ってことがなぜ分からない?!
 三信ビル、中央郵便局、丸ビル、国立競技場、ホテル・オークラ...。みんな
原発愛好と同じで、目先の利益しか見ようとしない。情けないったら、ありゃあ
しない。もうガイタンしちゃうのよ、あたし。

 お寺に向かい合うモルタルの二階建ても佳かった。中野のプティ・パリ、いまだ
忘れ去られず。

 今日も Thank you CAFE に助けられる。ひと休みして、歩く気力を取り戻して
から部屋に戻る、5pm。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-17 19:13 | 雑録 | Comments(0)


<< 佐野洋「同名異人の四人が死んだ」読了      馬鹿に責任はない?/籾井勝人の場合 >>