2015年 05月 18日

佐野洋「同名異人の四人が死んだ」読了

e0030187_9541523.jpg












~5月15日より続く

 風俗小説、建物小説として読んでいた。連続殺人事件の被害者には、
第二京浜、環七近くの公団住宅住まいの男もいたし、作家の仕事場も
出てくる。
<白谷慶介[注:作家]の仕事場は、マンションの六階にあった。いわゆる
 ワンルーム形式の部屋で、仕事机、シングル・ベッド、接客用の肘掛椅子
 などが、一見無造作に配置されていた。しかし、その配置は、かなり考え
 抜かれたものかもしれない。その狭い空間を移動する白谷の立居振舞には
 無駄がなく、いかにも便利そうであった。 
  白谷は、サイフォンでコーヒーを入れてくれた。>(p191)

 自宅の洋風応接間で、
<タートル・ネックのシャツに、ガウンを着、パイプ煙草を喫っていた>
(P119~120)元・裁判官で現在は弁護士の男など、愛嬌あるファッションだ。

 そういうところばかり読んでいたが、謎解きが終わった後がすごい。「女か
虎か」ではなく、「女か女か」で終わる。主人公は、美人秘書か、昔なじみで
よりを戻した看護婦か、どちらかを選ばなければならない立場に追いこまれる。

     (佐野洋「同名異人の四人が死んだ」 講談社文庫 1978初 フェア帯 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-18 18:17 | 読書ノート | Comments(0)


<< 銀座を歩く、裏通りだけれど      中野区中央一丁目の散歩 >>