2015年 06月 28日

広津和郎「年月のあしおと」を読み始める/「文化芸術懇話会」参加者

e0030187_21535464.jpg












 文庫本だったらなあ、寝床でも読めるのに。しかし、2段組みの
軽装版単行本を文庫化すると、上下巻になるかしら?

 ちゃんとした都内の地図帳も欲しい。「群像」昭和36(1961)年
正月号から連載された「年月のあしおと」は、『一 私は牛込矢来町
で生れた』と始まる。

<今の新潮社(その頃は無論新潮社はなかった)の東側の裏通の、
 新潮社とウラハラになったあたり[中略]
 昨夜その附近を歩いて見た。
  神楽坂の方から行って、矢来通を新潮社の方へ曲る角より一つ
 手前の角を左に折れると、私の生れた家のあった横町となる。>
(p9)__これをパソコンの地図で読み取ろうとすると、すぐマウス
に手が触れて画面が散らかり、めんどくさいので。尾崎紅葉や泉鏡花
の住まいも近い、この辺りを歩いたことはあるけれど、地図上でも
確認したい。

 明治24(1891)年から9歳(明治33=1900年)まで住んだ家の
間取りを、作家はさすがによく覚えていると感心したが、我が身を
ふりかえってみても、子どもの頃の実家の様子は正確に言えるから、
これは関心がどんな方面に向かうか、ということだろう。

 明治27、8(1894、95)年、広津柳浪宅を訪れた泉鏡花が、3、4歳
の広津和郎を抱いて庭に下りたら、青桐の
<枝にとまっていた雨蛙が小便をした。それが鏡花さんの手にかかった
 のである。>(p13下段)__この事件は大正8、9(1919、20)年、
大作家・泉鏡花と新進作家・広津和郎の再会時に、どちらも記憶に残る
できごととして話頭にのぼった。
 19世紀末の東京、牛込矢来町には、庭が50、60坪ある借家があった
のである。

     (広津和郎「年月のあしおと」 講談社 1971年3刷 帯付き/たぶんVJ欠)

7月2日に続く~


 「文化芸術懇話会」に参加した輩の言動を今朝の東京新聞から引用
する。

 「文化芸術懇話会」は衆議院熊本1区・木原稔が代表者であった。

 衆議院東京16区・大西英男は、昨年4月、衆議院総務委員会で
野党の女性議員に、「早く結婚して子どもを産まないと駄目だぞ」
と野次を飛ばした男。6月25日の「懇話会」でマスコミの広告収入
を断つべきだと発言した。

 衆議院福岡1区・井上貴博も、マスコミの広告収入を断つべき、
と述べた。

 衆議院比例近畿・長尾敬、沖縄県の地元二紙を「左翼勢力」など
と非難した男。この発言の趣旨は「反社会的な行動をする人がいる
実態がある。報道すべきことを報道してほしいということだ」と説明。
 どういう説明なのだ?

 冒頭以外は非公開の会合だが、
<発言者と内容はマイクを通じ、室外まで聞こえていた>のは、
わざと聞かせる、"観測気球"のつもりだったのか?

 他の出席者は、
講師として百田尚樹、
官房副長官・加藤勝信や
総裁特別補佐・荻生田光一(三人とも安倍晋三のお友だちや側近)
の全部で37人。

 他の出席者のコメント/ノーコメントも記しておこう。

 途中で席を外した衆議院比例東北・藤原崇は、「私の考えとは
ちょっと違うが、意見を言うのは自由なので、良いとも悪いとも
言えない」。

 名刺だけ置いて出てきた衆議院富山1区・田畑裕明、「言論の
自由はあるので、政治家が弾圧してはならない」が、個別の発言
については「経緯が不明なのでコメントは差し控えたい」。

 衆議院神奈川12区・星野剛士は、「メディア規制みたいになるのは
ちょっと不適切」、発言の是非を問うと、「コメントする筋合いでは
ない」。

 衆議院千葉13区・白須賀(しらすか)貴樹は、百田尚樹の「沖縄の
二つの新聞はつぶさないといけない」発言を、「彼一流のジョーク」
と評価。
 「勇ましい発言が続いたので、私はもう少しソフトな言葉を使った
方がいいと言ったが、報じられなかった」。
 ソフトな言葉で言論弾圧!

 衆議院福岡2区・鬼木誠、「人の発言だから、ちょっと控えます」と
答える一方、「沖縄の二紙がひどいとは思う」と話し、「実際に読んで
検証していないので、あくまでもイメージですよ」。
 この期に及んで、こういう放言。

 衆議院千葉5区・園浦健太郎、「すぐ帰ったので、何も知らないし、
答えられない」。

 戦争法案を考え出した官僚たちの名前を知りたいのだが、どうすれば
いいのだろう。立案してサインなり、めくら判なりついた男がいるはずだ。
 名前が明らかになって経緯の説明を求めても、アイヒマン的な返答を
得るか、不特定秘密保護法下、ぬくぬくと潜んでいるかだろう。歴史の
検証を免れよう、って連中から匿名性を剥がしたい。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-06-28 22:22 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2015-06-28 22:38
フグの毒問答をする官僚もいるんですから。
公僕ってなんだ!?とシールズのシュプレヒコールに加えて欲しいです。
「民主主義ってなんだ!?」「なんだ!」と叫んでいました。
Commented by byogakudo at 2015-06-28 23:31
モグラが出てくるまで地面を打ち続けよう、水に落ちた狗が
上がろうとしてきたら、上がって来られなくなるまで叩き続け
よう。


<< 桃園川緑道沿いMOMO Gär...      正宗白鳥「思い出すままに」読了... >>