2015年 06月 30日

ポチ/bitch の群れ

e0030187_20452281.jpg












 なになに、処分を受けたばっかりの衆議院東京16区・大西英男が
今日も国会内で、
 「誤った報道をするマスコミに対して広告は自粛すべきだと個人的に
思う」と発言したそうで。
< 安保法案が徴兵制につながる恐れを指摘する報道に関し
「徴兵制は全く関係ない。そう報道している一部マスコミがある。
 懲らしめないといけない」と強調した。>東京新聞Web版より。

 今朝の東京新聞『こちら特報部』は、『百田尚樹氏考』。百田尚樹 他の
ポチ/bitch ストーリーだ。

 できるだけ端折って紹介すると、百田尚樹(59歳)は同志社大学生だった
1970年代後半、大阪朝日放送の「ラブアタック!」の常連出演者、大学
中退後に朝日放送の構成作家になり、「探偵!ナイトスクープ」を担当。

 "作家"としては2006年「永遠の0」、2013年「海賊とよばれた男」が
本屋大賞受賞。選んだ人たちは今ごろ悔やんでいる? 売れればいいから
かまわない? ノンフィクション「殉愛」が出版差し止め提訴。
 2012年7月下旬、野党だった安倍晋三が百田尚樹の携帯に電話したこと
から、ふたりの対談本「日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ」(!)出版。
 本の中で安倍晋三は、
<「(河野談話に代わる)談話を閣議決定すべきです」
 「靖国神社には(中略)いずれかのタイミングで参拝したい」と決意を>
語る。

 2012年12月、安倍晋三が再び首相になり、2013年11月に百田尚樹は
NHK、いえ、MHK(籾井放送協会)の経営委員に(2015年2月退任)。
 百田尚樹は日本会議が主導する改憲グループ「美しい日本の憲法をつくる
国民の会」__連中のネーミングセンス!__の代表発起人のひとりでもある。
 2014年2月の都知事選挙時、百田尚樹は田母神俊雄の応援で街頭に立ち、
<「南京大虐殺」について「そんなことはなかった」>。
 2014年5月3日の憲法記念日、bitch・桜井よしこが代表者である団体の
会合で、
<「護憲派の人たちは大ばか者に見える」と>放言したり、百田尚樹ツイッター
では、2014年9月に死去した
<土井たか子・元社民党党首を「売国奴」と>断定したり。

 bitch・桜井よしこは2014年11月9日、沖縄知事選の応援で沖縄に行った
際の講演会で、
<「琉球新報、沖縄タイムスの記事は『日本を愛するという気持はない』と
 しか読めない」
  「本土の比較的まともな産經新聞とか読売新聞みたいな新聞が、ここで
 もう少し定着していくといい」と主張した>そうな。

 百田尚樹と同時期にMHK経営委員になった埼玉大名誉教授(!)のbitch・
長谷川三千子は、新聞のコラムに、
 「女性の一番の仕事は子どもを生み育てること」と書く。

 馬鹿で気狂いの安倍晋三の取り巻き連らしい、馬鹿で気狂いの揃い踏みだ。
 安倍晋三・独裁政権を倒そう。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-06-30 20:58 | 雑録 | Comments(0)


<< 文具雑貨店「旅屋」+「古本案内処」      桃園川緑道沿いMOMO Gär... >>