2015年 07月 21日

新国立競技場問題を使って安倍晋三・独裁政権をつぶす

e0030187_2247104.jpg












 昨日のブログへ頂いたコメントを引用する。
<新国立競技場を問題にするのなら森・下村の責任を徹底的に究明し
 安倍の責任にまで追いこむことだと思います。>

 新国立競技場問題は絵になり、TVの視聴率アップになる。そこから
責任者追求の線でやれれば、TVの前の人々は溜飲を下げ、さらに
視聴率も上がるはずだが、森・下村〜安倍ラインに触れると、スポンサー
(資本)を気にして局の上層部が自主規制をかけようとするだろうか?

 パリのデモから考えるがよかった。

< デモにおいては、普段、市民とか国民とか呼ばれている人たちが、単なる
 群衆として現れる。統制しようとすればもはや暴力に訴えかけるしかないような
 大量の人間の集合である。そうやって人間が集まるだけで、そこで掲げられて
 いるテーマとは別のメッセージが発せられることになる。それは何かと言えば、
 「今は体制に従っているけど、いつどうなるか分からないからな。お前ら調子に
 乗るなよ」というメッセージである。

  パリのデモでそれぞれの人間がそんなことを思っているということではない。
 多くの人はなんとなく集まっているだけである。だが、彼らが集まってそこを行進
 しているという事実そのものが、そういうメッセージを発せずにはおかないのだ。

  デモは、体制が維持している秩序の外部にほんの少しだけ触れてしまっていると
 言ってもよいだろう。というか、そうした外部があるということをデモはどうしよう
 もなく見せつける。だからこそ、むしろデモの権利が認められているのである。
 デモの権利とは、体制の側が何とかしてデモなるものを秩序の中に組み込んで
 おこうと思って神経質になりながら認めている権利である。「デモの権利を認めて
 やるよ」と言っている体制の顔は少々引きつっていて、実は、脇に汗をかいている。>





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-07-21 22:03 | 雑録 | Comments(0)


<< マックス・ビアボーム/佐々木徹...      ひとと会っても__くたばれ安倍... >>