2015年 07月 22日

マックス・ビアボーム/佐々木徹 訳「ズリイカ・ドブソン」を読み始める

e0030187_22505457.jpg












 「20世紀イギリス小説個性派セレクション3」はマックス・ビアボーム。
ズリイカ・ドブソンというのがヒロインの名前だが、ズリイカ?! 綴りは
Zuleika。

 なんの根拠もなくハンガリーとか、あの辺りの名前に感じられるけれど、
オックスフォードの学寮長の孫娘にして美貌の奇術師。彼女の行く所、
若い男たちは文字通りバタバタと倒れて、愚かしくひれ伏し崇め奉る、
冗談のような存在。
 彼女に照応する、もうひとりの冗談のような存在が、オックスフォード
の大学生にして独身主義のダンディ、ドーセット公爵。美貌と富と地位と
頭脳と、全部備えた、少女漫画のヒーローにすら与えられなかったような、
美点だらけでできた男。
 彼女は彼が一瞥もしなかったことで彼に恋し、女性を忌避してきた彼は
彼女に一目惚れする。独身原理主義者なので、思いを振り払おうとするが
うまくいかない。しかし、彼が彼女に恋したことを知ったズリイカは(彼が
なびかないから憧れたのに!)彼を拒絶する。

 こういう前提なら三島由紀夫もどきに、ふたりが互いにそっぽを向きながら
の交互に詠唱するシーンをちりばめ、近代の自意識満開の心理小説になりそう
なものを、どうも勝手がちがう。ズリイカの真珠のイアリングが、互いの思いを
反映して色が変わるなどと書かれている。これも文字通りに飲み込むしかない
書き方なので、寓意的なファンタジーに進むのかとも思うが、よく分からない。
 どうするつもりだ、マックス・ビアボーム?

     (マックス・ビアボーム/佐々木徹 訳「ズリイカ・ドブソン」
     新人物往来社 2010初 帯 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-07-22 21:25 | 読書ノート | Comments(0)


<< 新国立競技場問題・関係者      新国立競技場問題を使って安倍晋... >>