2015年 07月 23日

新国立競技場問題・関係者

e0030187_14391078.jpg












 「東京新聞」2015年7月23日付け朝刊よりダイジェスト。

 まず、日本スポーツ振興センター(JSC)が2012年3月に「国立競技場
将来構想有識者会議」(1)を設置したが、現在のメンバーは、

 安西佑一郎(日本学術振興会理事長)
 安藤忠雄(建築家)
 小倉純二(日本サッカー協会名誉会長)
 佐藤禎一(元文部次官、この会議の委員長)
 鈴木秀典(日本アンチ・ドーピング機構会長)
 竹田恒和(日本オリンピック委員会会長)
 張富士夫(日本体育協会長)
 都倉俊一(作曲家、日本音楽著作権協会長)
 鳥原光憲(日本障害者スポーツ協会長)
 馳浩(スポーツ議連事務局長)
 舛添要一(東京都知事)
 森喜朗(大会組織委員会会長)
 横川浩(日本陸上競技連盟会長)
 笠浩史(大会推進議連幹事長代理)

 そして、JSCは同じく「国際デザインコンペ審査委員会」(2)を設置、
2012年10~11月に審査、ザハ・ハディド案が選ばれる。
 メンバーは、

 安藤忠雄(建築家、委員長)
 鈴木博之(故人、建築家、青山学院大教授=当時)
 岸井隆幸(建築家、日本大教授)
 内藤廣(建築家、元東大副学長)
 安岡正人(建築家、東大名誉教授)
 小倉純二(日本サッカー協会名誉会長)
 都倉俊一(作曲家、日本音楽著作権協会長)
 河野一郎(JSC=日本スポーツ振興センター理事長)
 リチャード・ロジャース(英国人建築家)
 ノーマン・フォスター(英国人建築家)

 ボールド表示は両会議に加わった人名ということで、他意はない。

 JSC=日本スポーツ振興センターは文部科学省の所管だそうだが、
このJSCメンバー全員の名前と、関係する文科省高級官僚の名前が
知りたい。及び、上記ふたつの会議メンバーを選んだ(頼んだ)役人
の名前も。
 いくらなんでも、これらの役人の名前が、不特定秘密保護に当たる
とは思えない。

 また、会議の議事録は全部、公開されているのだろうか? 最初の有識者
会議(1)では、
<「ブロードウェーを超える地域開発」の発言も出た。>そうだ。

 デザインコンペ(2)では、
<「(巨大アーチ構造)はかなりコストがかかる懸念はある」と指摘する
 委員もいたが、[中略]デザインの斬新さばかりが注目された。
  実は当時、応募作品が本当に建設できるかどうか、項目ごとに技術調査
 が実施された。ザハ氏案は「全体的に想定価格に収まっているか」の項目で
 「○」が付くなど、コストについて問題なしと判断された。
  中心で担当したのは事業主体、日本スポーツ振興センター(JSC)の技術
 アドバイザーを務める和田章・日本建築学会元会長。後に自民党内の会合で、
 建設費について「(国民一人当たりに換算すれば)一杯飲みに行くくらいの費用。
 ちまちまけちることはない」と豪語している。>

 新国立競技場の事業主体であるJSCは、選手強化やtotoが担当で、巨大施設
建設を担当したことはない。
 7月7日の会見で河野一郎・理事長は、
<「(ザハ氏の)デザインを前提に工事を進めることが、われわれのミッション」、
 「国際オリンピック委員会は、国が造るものだと(考えている)」。当事者意識の
 薄さを象徴する言葉だった。>

 さて、日本国のオリンピック推進本部長は安倍晋三だ。2013年9月の国際
オリンピック委員会(IOC)総会で招致演説をした__「フクシマはアンダーコント
ロール」発言のときか?__が、決まった後の建設計画は文科省に任せきり。

 あの麻生太郎(!)がこのままでは建設費が高くなることを警告しても、安倍晋三
は聞かなかったようだ。戦争法案にしか頭が行かないのだろう。内閣支持率低下、
お尻に火がついてやっと耳を貸した、ということではないか?

<政府高官[注:誰だ?]は「五輪が決まってから、槙先生などからいろいろ(見直し
 提案が)あったのに、わが政権は手をつけてこなかった」と認める。>

 森喜朗ひとりをスケイプピッグに差出して、それで落着ってわけには到底行かない。
今からオリンピックを止めるのは、だめ?





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-07-23 20:56 | 雑録 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2015-07-24 12:21
シンキロウがスケイプピッグ?!^^。
Commented by byogakudo at 2015-07-25 10:19
scapeswine の方が感じ、でしょうか?


<< 嵐に地震に、2012年7月27...      マックス・ビアボーム/佐々木徹... >>