猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 27日

安倍晋三の発声/無法者集団・自由民主党

e0030187_18243628.jpg












 参議院での戦争法案審議が始まった。TVをつけたら安倍晋三が
何か演説しているが、聞き取れない。耳が拒否する周波数だ。
 欲しいものが買ってもらえないとき、子どもは駄々をこねる。
親を困らせて買わせようと(無意識に)効果を期待して、カンに
さわる高い大きな声でわめく、あの声だ。いい歳してるだろうに。

 元から滑舌が悪く高い声が、興奮すると早口になり更に高く、
滑舌の悪さが増す。無理やり文字に起こすと、
 「ケキケキキャハキャハキャハッ、ケケ」と言ってるような音声だ。
速記者たちは音声だけで聞き取れるのか? 元原稿でももらわないと
書き留められないと思うが、若くて耳がよく、会場でダイレクトに
聞けば分かるものなのか。
 それでも、あの声のもたらす不快感は拭えないだろう。自分の意志を
通すことしか考えてない、押しつけがましい発声である。人格を裏切ら
ない、というか。

 ポーカー・フェイスよりポーカー・ヴォイス(?)の方がむずかしい。
努力すれば表情はコントロールできるだろうが、声はよくも悪くも身体に
直結するので、とっさの発言はいつでも素(す)を発現する可能性が高い。

 7月26日、首相補佐官・磯崎陽輔(いそざきようすけ)は大分市での
講演で、
<憲法解釈を変更して集団的自衛権を可能にする安全保障関連法案
 [注:戦争法案]について、法的安定性を損なうとの批判があることに
 反論した。
  「法的安定性は関係ない。わが国を守るために(集団的自衛権行使が)
 必要かどうかが基準だ」と述べた。
  法案が違憲だとの見方には
 「わが国を守るために必要な法案を憲法が駄目だということはありえない」
 と強調。
 [中略]
  来夏の参院選に関し
  「憲法改正へ大事な選挙だ。参院も自民党で単独過半数を取り、改憲を
 有利に進めたい」と訴えた。>

 この正直と言えば正直な発言を受け、自民党幹事長・谷崎禎一は27日、
<「字義通りの発言だとすると極めて配慮に欠けたことだ」と批判した。>
(以上、「東京新聞」2015年7月27日夕刊2面より)

 谷崎禎一にそれを言う資格があるとは思えないが、幹事長として火消しに
務めた、という事実を残したいだけだろう。

  マスコミを懲らしめる発言の大西英男どもといい、さすが安倍晋三配下に
ふさわしい無法者揃いの自由民主党だ。

 会田家作品『檄』、またまた、美術館側で自主規制するのか。
 ここで横やりを突っぱねなくて、現代美術館?! 

 このひと月ばかりを要約すると





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-07-27 20:10 | 雑録 | Comments(1)
Commented by saheizi-inokori at 2015-07-28 09:16
聞くに堪えない演説、声だけは知性が歩かないか、ごまかせないですね。
開高健なんてあの大声でも味があったもの。


<< ヴィクトル・アルナル・インゴウ...      ジョン・J・ラム/阿尾正子 訳... >>