猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 31日

殺(や)られる前に殺(や)っちまえ、という考え方=安倍晋三

e0030187_195054.jpg












 安倍晋三がぽろりと言ってしまった本音が、【報道規制?】に残されている。

<7月28日首相は集団的自衛権行使の判断について「(行使が可能となる)
 新3要件に該当するか否かは、攻撃国の意思や対応、推移などを総合的に
 判断するが、意思については形式上、日本を攻撃する意図はないと隠して
 いることもある」と述べ、対象国が攻撃の意思を表明していない段階でも
 行使は可能との見解を示>した。

 安倍晋三の生活歴=病歴については、安倍の嘘つきは小学生時代からだった

 安倍晋三の成蹊大学時代の恩師によれば、
<「安倍君は保守主義を主張している。思想史でも勉強してから言うなら
 まだいいが、大学時代、そんな勉強はしていなかった。ましてや経済、
 財政、金融などは最初から受け付けなかった(後略)」。>

 で、安倍晋三の保守思想の由来は、
<幼い頃、祖父の岸信介邸に押しかけた安保反対デモの中で「おじいちゃんは
 正しい」との思いを心に刻んだという話だ。野上[注:忠興]氏のリポート
 [注:「週刊ポスト」(小学館)に連載している「深層ノンフィクション 
 安倍晋三『沈黙の仮面』]
 には、これに加えて、家庭教師だった平沢勝栄(現自民党代議士)に連れられて
 東大の駒場祭に連れて行かれた時の話が出ている。当時は佐藤(栄作)内閣で
 学生運動が盛んな時期だった。駒場のキャンパスも「反佐藤」の展示や看板で
 溢れていた。そんなムードに、安倍は学生運動=「反佐藤」「祖父の敵」を感じた
 という。>

 知識も論理も何もない、女の腐ったような"感覚"一本槍で、安倍晋三はもうすぐ
61歳になろうという、この年齢まで生きてきた。これ以上生きて、ひとさまの生命を
危険に曝すようなまねをさせないために、江戸時代なら座敷牢に押し込めるとか、
実力行使の手があったが。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-07-31 21:58 | 雑録 | Comments(1)
Commented by saheizi-inokori at 2015-08-01 09:49
白旗を掲げてきた者も敵の罠かも知れないから殺せとイラクの米兵たちは命令されたそうです。
戦争犯罪を支援するのか?と山本太郎に訊かれてまともに答えなかった安倍。
彼も米軍と同じ殺す側なのだから答えようがないはずでした。


<< 佐藤優は性善説に拠るからピント...      ヴィクトル・アルナル・インゴウ... >>