猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 14日

安倍晋三の戦後70年談話__透かし見せるストリップティーズ

e0030187_1032428.jpg












 TV中継が始まり、安倍晋三が神妙な顔をして戦後70年談話を読み上げる。
衣の下から時々、居直りが透けて見えるような安倍晋三の戦後70年談話だ。

 安倍晋三の不快な顔を見るのが非常に苦痛なので、音声だけ聞いていた。
音声のみでも苦痛だが、国会でのライヴなやり取りと違って原稿を読むときは、
さすがにゆっくり、多少声も落ち着いている。耳だけのせいで、この箇所を読む
ときの表情を見逃した。

<アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、
 植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。>

 そう感じた国々や人々がいたとしても、自分から言い出すフレーズ? 
 基本は、植民地にされる前に、他の国を襲って利益を得よう、先行する帝国主義
諸国家の猿真似をして稼いでみるか、だったでしょう? アジア・アフリカ諸国の
希望の星になろうと祈念した訳ではないだろう。図々しい。

 第一次大戦からの歴史を振り返る箇所(1枚目終わりから2枚目初め)、
どうも"ひとごと"風である。

<しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済の
 ブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、
 孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと
 試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、
 日本は、世界の大勢を見失っていきました。>

 全体的な印象は、キーワードを遺漏なくちりばめてはいるが、真情あふれず、
無難に収めておこうという心情が見え隠れしている。 
 主語の存在抜きに、場の関係性だけで成立する日本語の特性を、よく活かした
といえば活かした作文を、安倍晋三は読み上げたのである。

 5枚目の終わりで、
<日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。
 あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の
 子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。>
と言ってのけて聞く者を不安にさせ、次の6枚目で、

< しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に
 真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、
 未来へと引き渡す責任があります。>軌道修正してみせる。

 安倍晋三に改悛する能力なぞないのだから、明日も神妙な顔で"あやまちは
繰り返しません"とか、やってのけることだろう。ほんとに、とっとと、くたばれ。


 不特定秘密保護法案が出されたときに、全国の大学や学者・研究者は、一斉に
反対声明を出すべきだった。何をためらっていたのだろう? 大学への助成金減らし
が頭にあったから?
 今ごろ、ようやく、大学単位のアピールがぽつりぽつり出るようになったが、まだ
全大学、全研究者ではない。恥ずかしくない?

 わたしが知らないだけかもしれないが、クラシックの演奏家やバレエダンサー
たちは、音楽家集団、バレエダンサー集団としての、戦争法案反対アピールを
出しているだろうか?
 個人として市民として戦争法案に反対するのが、まず第一に来るが、ゼネストと
同じ原理で、各職業団体名でのアピールも、塊の大きさを見せつける効果がある。
後援会の意向を気にして、遠慮したりしないことを望む。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-08-14 21:39 | 雑録 | Comments(1)
Commented by saheizi-inokori at 2015-08-14 21:44
ぜんぜん反省なんかしてない、反省したという過去の事実だけをいい、本人は被害者日本だったという隠し言葉をいって、何とかつじつまを合わせようということでしょう。
長く喋るほど薄っぺらでした。


<< 死者たち      東も西も/稲田朋美+菅義偉+レ... >>