2015年 08月 17日

安倍晋三+日本会議≈麻原彰晃+オウム真理教

e0030187_21343650.jpg












 麻原彰晃と彼のファンクラブ・オウム真理教は、安倍晋三と日本会議の
先駆けを成すものだった。今にして思えば。

 だってそうでしょう、信徒(パーセンテージとしての投票者)数がちがう
から、勝者・安倍晋三は権力の座に居坐り、影の参謀本部・日本会議は民間
組織の形を取って暗やみに蟠る。
 同じく謀反人・犯罪者であっても負けたので賊軍、贋の王・麻原彰晃は死刑囚・
松本智津夫になり、オウム真理教はカルトとして排斥される。わたしはオウムを
擁護する気は更々ないが(ひとは顔だ。松本智津夫の顔を見て、これは駄目だと
判断できなかった高偏差値の信徒たちは、ほんとに愚かしい。)、日本会議が
カルトと見なされてない今の日本は、絶対おかしい。

 昨日、「東京新聞」(8月16日付け)の、エコノミスト誌・東京駐在記者
談を少し引用したが、改めてほぼ全文を引用したい。欧米の眼には、安倍
晋三と日本会議がどのように映っているか、である。

 エコノミスト誌記者のレポート__
<「ほんの十八年前に設立された日本会議は、日本で最も強力なロビー団体」
 [中略]
 日本会議が掲げる課題として
 「太平洋戦争は、西洋の植民地だった東アジアの解放として称賛」
 「軍備拡充」
 「戦前の天皇崇拝の復活」など>

 記者が日本会議に注目したのは、
<「単純な戦争美化や懐古主義は危険だ。旧日本軍だけでなく、米軍による
 東京大空襲や広島、長崎への原爆投下も戦争犯罪。そうした事柄を含め、
 歴史は歴史として認めなければならない」>
<「閣僚を含む多くの政治家がそうした日本会議と関係があることに、自分は
 危機感を持っている」>

 ニューヨーク・タイムズ紙は、
<日本会議を「国家主義者(団体)」と表現。排他的な保守主義を掲げ、
 米国内で社会分裂を誘発したティーパーティー(茶会)運動に重ねて
 「日本の茶会政治」と題した寄稿文を掲載した。>

 フランスのロブス誌は、
<「日本会議は『米国に押しつけられた歴史観、価値観からの決別』を
 目指している」として、
 「ロシアのプーチン大統領などと似た国粋主義的な安倍晋三首相」と
 同会議[注:日本会議]の密接さを強調した。>

 イギリスのガーディアン紙は、
<「愛国的で、歴史修正主義の日本会議に、安倍内閣の閣僚たちが
 属している」と指摘し、右傾化を警告した。>

 ふたたびエコノミスト誌記者の話に戻れば__
<「日本の右派は『いくら謝罪しても中国、韓国は謝罪を求め続ける』と
 主張する。けれど、歴史をなかったことにはできない」
 [中略]
 「[注:日本の]一部のメディアしか[注:日本会議について]報じていない。
 海外での報道の方が目立っているぐらいだ」>
< 「安倍政権のメディア戦略は分かりやすい。今年四月の訪米前には、
 米紙でも保守的なワシントン・ポストの取材には応じ、リベラルなニュー
 ヨーク・タイムズは無視した。日本のメディアも、政権に取捨選択されて
 いるに違いない。そのため、安倍政権との関係に配慮して(日本会議には)
 触れなかったのではないか」
  さらに 支持率の高さも、政権批判に二の足を踏む理由になっていたのでは、
 と推測した。
 [中略]
  「日本メディアは『政権との距離が近い』と言われている。そうした日本
 メディアによる政治権力の報じ方が今後、変わっていくのか、それとも変わら
 ないのかにも注目している。日本会議は民間団体であり、程度の問題はあれ、
 自己主張は許されてもいい。しかし、政治家の関与はそのこととは別問題だ」
 と話した。>

 つまり日本のメディアは、御用マスコミに過ぎないと言われているのだ。戦前と
変わらず、大政翼賛会だと。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-08-17 20:57 | 雑録 | Comments(0)


<< 向丘1丁目~白山1丁目~西片2...      吉田健一「絵空ごと・百鬼の会」... >>