猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 21日

広岡敬一「浅草行進曲」1/2強+オリンピックも武藤貴也も止めよう!

e0030187_18393894.jpg












 8月18日の大亜堂書店の1冊、広岡敬一「浅草行進曲」だ。
むかし大急ぎで読んで、速やかに売れてしまった。バロン薩摩、
浅草の恋の物語があるのも忘れていた。

 モノクロームのストリッパーたちの写真の中に、
2014年6月8日 吉村平吉「吉原酔狂ぐらし」読了に書いた
<新年会かクリスマス・パーティか、胸をはだけたふんどし姿の
 お姐さんの、ふんどしを引っ張ると日の丸柄である。>ような
写真がない! ということは、件の写真は、おそらく小沢昭一の
「珍奇絶倫 小沢大写真館」辺りで見たのかしら?

 「浅草行進曲」の『エピローグ』に、満州生れの広岡敬一の遍歴が
記される。

< それにしても、まさか花魁の白粉(オシロイ)クビを移す商売をしよう
 とは......。
  戦争が終るまで帝国陸軍航空隊で、特攻隊員ばかり撮っていた。第五
 錬成飛行隊といって、カミカゼの訓練部隊で私は写真班員だ。
  杉本という少佐が部隊長だ。この人は変わった軍人だった。
  帝国陸軍でバイブルのような戦陣訓を教科から外してしまった。"生きて
 虜囚の辱(はずかしめ)を受けず"。捕虜になるくらいだったら死んでしまえ、
 という一節がある。杉本少佐は、これをこしらえた首相の東條英機が大嫌い
 らしいのだ。
  その部隊長のおかげで、私はいっさいの軍務から外され写真だけ撮れば
 いいことになった。
  特攻の出撃まであと何日。だんだん顔つきが変わっていく隊員たちを
 カメラのファインダーから覗いているうち、ようやく戦争が終った。
 [中略]
 日本は、東京しか知らないのだ。満州で父母の安否はわからない。
  吉原で流しの写真屋をはじめるまでは、進駐軍の写真関係の仕事を
 したりヤミ屋で喰っていた。都合よく勝手な理屈をつけて、復員兵ばかり
 のグループをこしらえ集団強盗もやった。
  「敵の物資を奪いとって戦力を低下させるのは、まだ戦いをやめていない
 われわれの重大な任務である」
 [中略]
  ひとりぼっちで日本に外地からおっ放り出され、マトモな仕事につくのは
 難しかったのだ。戦後しばらく、そんな人間が都会にあふれていた。>
(p219~221) 

 広岡敬一は1921年生れだから敗戦時に24歳。山田風太郎が1922年生れ、
敗戦時に23歳。十代で敗戦を迎えるとグレる手(?)があるが、一応の年齢
である。
 女だったら、生きるために観念は要らない。逆転した社会でも生存本能に
従って生きていく。敗戦時に16歳くらいだった叔母は、軍国少女だったこと
を自己批判したそうだが、たまにそんな女もいるだろう。大抵は何も考えず、
だって食べてかなきゃ、という理由だけでしゃかりきになれる。李香蘭が戦後
すぐ山口淑子に戻ったとき、何を考えていたか感じていたか。
 男は何をするにもロジックがなければ身体が動かない。切羽詰まっての強盗
であろうと、観念を要する。

     (広岡敬一「浅草行進曲」 講談社 1990初 帯 J)

8月22日に続く~


 新国立競技場もオリンピック・エンブレムも、トラブル続きだ。立ち止まって
頭を冷やし、2020年東京オリンピック開催辞退はできないのか?
 頭を冷やして、フクシマがアンダーコントロールだと嘘をついたことを謝罪し、
桜島の噴火を見て川内原発はやはり稼働中止に決め、武藤貴也の未公開株の
一件は詐欺事件、犯罪の可能性があるので、国会に参考人招致するなり、でき
ないのか?

 何が「プライベートに関する件で党にこれ以上迷惑をかけられない」から
離党するだ。
<昨年、知人らに「値上がり確実な新規公開株を国会議員枠で買える」と
 持ち掛け、23人から約4100万円を集めたが、実際には株は購入されず、
 出資金の一部も返済されていないという。>(東京新聞8月21日朝刊)
 国会議員の肩書きなしに未公開株云々と言って、出資者が出る? プライ
ベートという認識自体、おかしい。あるいはこの男も、近ごろの日本語に
不自由な野郎のひとりだからか?

 この疑いが「一方的かつ事実と異なる」なら、どう異なるのか、事実はどう
だったのか、安倍晋三と違って、具体的な中身を伴った"丁寧な説明"をする
べきだろう。
 離党届を受け取った自民党も自民党だ。犯罪の可能性を見て見ぬふり、
もしかしたら結果的に犯罪者をかばうことになっても構わないのか?
 戦争法案賛成議員数は多ければ多いほどいいから、辞職を迫らないのね?





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-08-21 21:45 | 読書ノート | Comments(0)


<< 広岡敬一「浅草行進曲」読了      再・再読の吉田健一「絵空ごと・... >>