猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 01日

キャサリン・ヘプバーン/芝山幹郎 訳「Me キャサリン・ヘプバーン自伝 上下」読了

e0030187_13465089.jpg












~9月28日より続く

 下巻末1/3近くは翻訳者による解説(編年体のキャサリン・ヘプバーン
活動史)と、自伝に出てくる人々や映画作品に関する訳注だ。
 映画スターとしての彼女は多少知っていても、舞台女優としてはほとんど
知らないから、上巻を読むとき、これらを参照すべきだった。知識がないと
面白がれないものごとは多々ある。

 「下巻」の『メモリアル・デイ』は完全主義者、完璧主義者が三人集まると、
どんなにおそろしい事態が発生するか、という短篇喜劇。

 彼女の家の庭つくりを手伝ってあげようと、デヴィッド・リーンとその夫人が
つき合ってくれた、いや、指導と恊働である。庭木の移植を始める前の雑草退治
から、話は始まる。
 
 デヴィッド・リーン夫人だけ30歳以上若かったが、デヴィッドとキャサリン
とはけっこうな年齢に達している。
<三人が三人とも、やりかけたことは最後までやるという気性だったし、
 子どものときからそういうふうにしつけられていた。かたづけはじめたら
 最後まできちんとかたづけろ、というわけだ。>(p18)
 そして地獄の行軍にも似た重労働作業が始まり、三人して、やめられない・
止らない、悲喜劇が展開する。

 次の『ウィリー・ローズと彼のマセラッティ』も、がんこもの二人の恋愛絡みの
道中記、シナリオ風だ。これもうまい。お互い嫌いじゃないのに、言うこと成す
こと、相手のカンにさわることをやってしまう悲劇の(?)カップル未遂物語だ。

 「上巻」の『L・B・メイヤー』に赤狩りのときの、彼女の振舞い方が記される。

< 民主党のヘンリー・ウォレスに紹介されたのは、たしか、検閲制度に対する
 意見を私がおおやけにしたことがきっかけだったはずだ。
 [中略]
 私の発言は検閲制度に異議をとなえるものだった。あれはほんとうに
 やっかいな時代だった。一九四七年のことで、例の非米活動委員会が
 わがもの顔でのさばっていたころだ。映画関係者のなかにも、仕事を
 うしなう人たちがずいぶんいた。この意見表明も、はじめはエドワード・G・
 ロビンソンがおこなうことになっていた。が、私は、これは自分がやるべき
 ことだと考えた。ロビンソンはユダヤ系だし、その立場は非常に左寄りで
 ある。彼が活動委に目をつけられていることはまずまちがいない。一方、
 私のご先祖はメイフラワー号に乗ってアメリカへ上陸したうちのひとりだ。
 委員会が私に難癖をつけてくる口実はまず見あたらない。私はこれまでの
 人生で、どんな組織にもかかわりをもったことがなかった。私は意見表明を
 自分でやることに決めた。新聞の対応は悪質だった。見出しも、本文記事も、
 徹底して私を悪玉に仕立てあげた。私はいっさい反論せず、ひたすら口を
 つぐんだ。MGMは私に、政治的立場をあきらかにする声明を発表するよう
 もとめてきた。私は一部の人たちを刺激するようなことを書いた。
 [中略]
 __私たちは長年にわたって言論の自由を保障されてきた。これまでもそう
 だったし、いまもそうだし、これからもずっとそうであるはずだ。言論の自由は
 私たちの財産だ、と。
 [中略]
  私はメイヤーから呼びだしを受けた。「キャサリン、どうしてあんな声明を
 発表したんだ?」
  「ミスター・メイヤー、だれかが意見をいわなければならなかったんです。
 私は、自分が適任だと考えました。いまの状況は愚劣で目にあまると思います。
 しのぎきれない人たちは、いまひどい目にあっています。でも、私はなんとか
 しのげるわけですから」>(p374~376)

     (キャサリン・ヘプバーン/芝山幹郎 訳
     「Me キャサリン・ヘプバーン自伝 上下」 文春文庫 1998初 J)


 リテラより引用する。
 殺害予告を受けたSEALDs奥田愛基氏の父親が語った!「僕は黙らない」
「親の影響だと語るのは愛基に失礼だ」






..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-10-01 19:46 | 読書ノート | Comments(0)


<< 北新宿(柏木)〜東中野+マイナ...      六本木〜麻布十番〜三田一丁目 >>