猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 01日

内田魯庵/山口昌男・坪内祐三 編「魯庵の明治」読了

e0030187_1721220.jpg












 写真は新宿御苑で。新宿高校側の「母と子の森」入口にあった
木製・円形の建物。

 むかしの日本語記述は漢語遣いが多くて、読めない漢字が屢々
(と漢字にしてみたが、書いてみろといわれても書けない)出てくる。
 読めないとき、どうするか? スルーしても意味は通るから、それで
かまわないようなものを、やはり気になるとき、偏+画数でweb上で
その漢字を探し出し、コピーし、一文字空けて"読み方"とくっつけ、
読みと意味を確認する。

 あれが気になるから、今から探してみよう。「跼蹐」だ。
あちこちに出てきたが、『病臥六旬』の『淡島寒月翁の遷化』
(p228)から。

 きょくせき、の読みでいいが、「跼天蹐地」の略語で、
<高い天の下でからだを縮め、厚い大地の上を抜き足で歩く意>
<肩身がせまく、世間に気兼ねしながら暮らすこと。ひどくつつしみ
 恐れること。跼蹐 (きょくせき) 。「....の心境」>
 漢文や漢語の知識がゼロなのが、よくわかる。残念である。

 前に戻って、『銀座繁盛記』の『(六)清新軒と函館屋』より__

<其の頃は待合政治というものも無かったし、寝猫遊びは市井の
 遊冶郎のする事で、朝廷の大臣参議は堂々と馬車を[注:芝・桜田
 の売茶亭という一流の大割烹店に]乗入れて酔歌乱舞の豪興をやった
 もんだ。>(p46)

「シンネコ」という、男女がセクシュアルな面で親しい様子を示すで
あろう言葉を目にしたことがあるが、「寝猫」という字を書くのか。
 あるいは、こんな文字でも書かれる、のか。

 硬軟ともに、明治の言文一致日本語でさえ、こんなに遠くなった。

 もう一カ所、漢字で記された外国の地名がやっと読めたことも
書きたかったが、どこで読んだのか、それを忘れてしまった。
__いや、見つけた。『灰燼十万巻』の焼けた洋書目録を並べる
箇所だ。

<英独仏露伊西以外、和蘭、瑞西、波蘭、瑞典、那威、澳太利、
 匈牙利、葡萄牙、墨西哥、アルゼンチン、将た印度、波斯、中央
 亜細亜あたりまでの各国書目を一と通り揃えていた。>(p162)

__"匈牙利"が最初読めなくて、そのうちフン族と思いついて、
やっとハンガリーと読んだ。あーあ。

    (内田魯庵/山口昌男・坪内祐三 編「魯庵の明治」
     講談社文芸文庫 1997初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-11-01 20:25 | 読書ノート | Comments(0)


<< 橋本治『「三島由紀夫」とはなに...      内田魯庵/山口昌男・坪内祐三 ... >>