2015年 11月 07日

橋本治『「三島由紀夫」とはなにものだったか』読了

e0030187_22555424.jpg












~11月4日より続く

 時間をかけ過ぎたのかしら、感想がどうも纏まらない。直接の感想では
ない(と思う)けれど、近代の日本で"男"であることには、こんなに面倒な
手続というか、探偵小説のアリバイ・トリックみたようなロジックを要する
ものか。

 橋本治は、三島由紀夫の自画像の基準を確認することから考察を始める。
自画像のデッサン・ラインをそのまま受け入れ、もう一度ラインをなぞる
ことで、それが三島にとってどういう線描であったかを考える。どんなに
不思議と思えるラインであっても、三島由紀夫(という作家)はそう設定
したのだから、その線に沿って思考を進め、そのプロセスで三島が無意識
に引いた線の意味を見出す。
 そんな風に書かれたエッセイだと読んだ。

 「オンリー・イエスタデイ」という本があったけれど、近過去は語りにくい。
近すぎて焦点が合いづらい。
 あえていえば、近代って普遍的でありたい、古典になりたいと願いながら、
そのじつ、たんに順位づけして権威を持ちたかっただけの、失敗した贋の
王国のことなのだろうか。

 近代は死に損なった亡霊みたように相変わらず、ここに在って、ただ、
"近代の"というだけの時間の中に居続けさせられる。そして"近代の"
には、こわれた破片があちこち、しつこく残っている。

     (橋本治『「三島由紀夫」とはなにものだったか』
     新潮文庫 2004年11月1日 J)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-11-07 20:59 | 読書ノート | Comments(0)


<< マーティン・H・グリーンバーグ...      中野〜東中野〜新宿 >>