2015年 11月 26日

闘う/闘ってきた/闘うであろう、しぶしぶと。

e0030187_22355588.jpg












 何と闘うか。近代の男的なるものと。近代のマザコン男の、
拗くれた権力意思の顕示と。

 何なんだろう、女にある種の意思表示、意見表明されるだけで、
男である自分の立場を拒否・否定されたように感じるらしい、近代・
マザコン男が、未だ剪滅されていない。マザコン男は意思表示する女
を見かけると、頭ごなしに、押さえつけとかなきゃ、と思うようだ。

 彼が一人称で攻撃してくるなら、まだいい。他人の意見を前面に
出して、その陰に隠れて、批判・非難・攻撃しようとする。
 女々しい。ママのスカートの後ろに隠れて虚勢を張っていた頃
から、ちっとも成長してない。彼にしてみれば、"ほのめかし"と
いう抑制された、あるいはもしや"洗練"された手法と思ってるかも
しれないけれど、真正面からぶつかるのが怖いのね。

 近代の問題を解決しない限り、近代・マザコン男の再生産は続く。
わたしが死ぬ頃にも再生産は終わっていないだろう。それでも諦め
悪く、わたしは抗い闘うだろう。しょうがないなあと言いながら、
しつこく、しぶとく。(マザコン男剪滅がライフワークだったり
したら、目も当てられない悲惨な人生だけど。)

 女もまた言語を使用して生きているのであり、言語活動自体が権力
発現行為だから、それを認めるしかないと思うのだが、なぜか、近代・
マザコン男の癇に障るらしい領域があって、わたしはそれを遠慮なく
侵犯する。何か悪かったの?って。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-11-26 21:03 | 雑録 | Comments(0)


<< ヒラリー・ウォー/法村里絵 訳...      森茉莉付近 (35)/吉田暁子... >>