2015年 11月 30日

鈴木創士氏のTwitter 2015/11/26

e0030187_10172756.jpg












 鈴木創士氏の2015年11月26日付けTwitter__

<神戸の震災で大量の本を失ったが、たまさかの僥倖か
 定められていた事なのか、かつて読んだのに消失して
 いた言葉がずっとそこにあったかのように、新しい本が
 机の上に置かれていたりすると、それが静物画のように
 見えるばかりか、頁を捲ると言葉が突然過去の中で起こり
 得た予兆のように私を震撼させる。>
(https://twitter.com/sosodesumus/status/670106137962917888)

__一文の中にどれだけの時制が含まれているか。

 阪神・淡路大震災のあった1995年1月17日(火)という過去に
定められたかのような未来。過去に読んだ言葉が水泡のように
新しい本として出現する(半過去形で続いてきた)現在。本と
いうオブジェに記された言葉が、死んだ自然が生き返るかのように
本の頁の中で、過去に見られた未来形を繰り返す現在。

 一文の中で、時間が循環する滝のように存在し、めまいを起こし
そうだ。
 これをフランス語訳すると、どんな時制が出現するのだろう。
日本語だから可能だった離れ技なのか。

 そしてもちろん、この一文の外には、これが書かれた現在と、
それを読む他者との、異なる現在がある。この現在は、書き手で
あれ読者であれ、それが読まれる度に現れる。

 時間が垂直にループする。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-11-30 20:38 | 読書ノート | Comments(0)


<< 小林信彦『おかしな男 渥美清』...      麻布台一丁目へ >>