猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 19日

加賀乙彦『頭医者』も届いちゃった

e0030187_18461070.jpg












 届いちゃったなんて他動詞的にいうが、わたしが注文したから
届いたのである。むかし読んだ『頭医者事始』に続く、『頭医者
青春期』『頭医者留学記』が一冊で読めるというので頼んだら、
さすがに分厚い。文庫本の背で2・7cm、小口で測ると2・9cmだ。

 『事始』には、酔っぱらって本郷の医学部に(?)閉じこめられ
そうになり、冒険行的脱出を果たすシーンがあった、と覚えている。
 ぱらぱらと開いてみたら、あった。そこしか覚えていないが、
50年代の本郷と青春の記憶が、愛おしく感じられて覚えていたの
だろう。

     (加賀乙彦『頭医者』 中公文庫 1993初 J)

12月20日に続く~


 写真は、先日の荒川の岸辺。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-12-19 16:15 | 読書ノート | Comments(0)


<< 加賀乙彦『頭医者』第一部『頭医...      牧野武夫『雲か山か 出版うらば... >>