猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 30日

歳末は佐竹商店街~鳥越おかず横丁~人形町へ

e0030187_19315211.jpg










e0030187_19321533.jpg










e0030187_19323251.jpg










e0030187_19324920.jpg










e0030187_1933776.jpg










 今年は調香師Lも行けるというので、三人でタイトルのようなコースを
歩く。

 1pm、地下鉄・大江戸線、新御徒町駅待ち合わせ。佐竹商店街に
出た途端、去年(?)も会ったモノクローム猫が、店舗兼商店の入口で
水を飲んでいる。
 恒例の「加賀屋」の品川巻と、うにせんべい。

 道を渡って、鳥越おかず横丁「入舟や」では列に並ぶ。葉とうがらし
他を義母の分も買う。

 「今日は人形町の『薮そば』で休むって考えてるんだけど」__Lは
人形町に行ったことがないようだから否も応もない。浅草線・蔵前から
人形町A6出口へ。
 出たはいいが、甘酒横丁の方角が分からなくなる。お正月の飾りを
商う露天商の若い男性に日本橋小学校への道を尋ねて、人形町「薮そば」
で遅めのお昼。町のおそば屋さんはすてき!

 次は「喫茶去 快生軒」の予定だったが、閉まっている。しかし、
水天宮近くでいい匂いがしてきて、「サンドウィッチパーラー まつむら
を発見! あとで来よう。

 大通りからひとつ裏手を歩いていたとき、Lが立ち止まる。
 「松栄堂がある」
 「『松栄堂』って?」
 「お香のお店よ、入ろう」。

 Lが一緒でなかったら新建材のビルなので、そのまま通り過ぎて
いただろう。義母が短いお線香、と言っていたので買う。照明や
店内に流れる音を含めて、空間設計が正しく、気持いい。

 人形町にはお風呂屋さんもある! 「世界湯」の女湯に入って行く、
やや年配の女性。

 「サンドウィッチパーラー まつむら」は横長のお店だ。右側がパン売場、
左側でお茶が飲める。しかも灰皿が置いてある。人形町の喫煙者を排除
しない姿勢が、もう吸わなくなった今ではあるが、うれしい。
 店であり住まいでもあるところで商いを続けているのが、この辺りの
魅力の元だ。地霊がある。

 大通りに出る。ますます人出が増しているような。車道側にずらりと
露店が続く。
 小学生の男の子ふたりが、「お正月のお飾りですよ!」と叫んでいる。
果物(大粒のマスカット!)だけ売る店、苔玉の店、落花生の横にハットを
並べたお店...。こんなに露店が並ぶ風景は初めて見る。東京って、こんな町
の集まりだったでしょう?!

 4pm過ぎ、感激を胸に地下鉄・日比谷線に乗る。丸ノ内線乗り換えは
霞ヶ関の方がシンプルだと分かった。東京大好き、人形町は、いいな。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-12-30 20:55 | 雑録 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2015-12-30 21:54
日本橋劇場などの落語会に行かないものだから、とんとご無沙汰の町。
いぜんは無添加減塩の梅干しを売っていた店(名前がでてこない)もいいですよ。
なぜか今は売ってないけれど。
世界湯は何曜日かは100円で入れるはずです。
Commented by byogakudo at 2015-12-30 22:27
おかず横丁「入舟や」(日・祝定休)にも梅干しがありますが、
無添加ではあっても、たぶん減塩ではないと思います。
町歩きついでに湯屋に寄るって、すてきそうですが、
あれはそのあと湯冷めしないものでしょうか?
Commented by saheizi-inokori at 2015-12-31 10:15
ゆっくり入って、ちょっと休んで(5分くらい)から外に出るといいのではないでしょうか。
わたしはカラスの行水ですが。
Commented by byogakudo at 2015-12-31 17:57
 ご教授ありがとうございます。けれど、よく考えてみたら、女が散歩がてらの湯屋を試みると、
楽屋ごと持ち歩かなくてはならないので、散歩どころか一泊二日の旅行みたいなセットになりそうです。
 バスタオルは諦めてフェイスタオルだけ、バスキャップ、石鹸(ああ、メイク落とし洗顔剤は?!)、
お風呂上がりの基礎化粧品にメイク用品、着替えの下着...。キャリーバッグを引きずっての散歩になり
そうで、イカさないったら、ありませんね。

 今年も終わります。よいお年をお迎えください。来年もどうぞよろしく!


<< さようなら、2015年      ドリー(秋田俊太郎)への道のり >>