猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 11日

湊町あたり

e0030187_19412430.jpg












e0030187_19312038.jpg












 昨日は湊町あたりを徘徊する。地下鉄日比谷線を八丁堀下車。
高橋の方向は? こっちは南高橋だから、あっちがそう。

 亀島川を眺めていたら、背の低い船がやってくる。
日本橋クルーズ」だ! 船室のない、ダイレクトに川風を受ける
船だ。いちど乗ってみたいけれど、いまはだめ。確実に風邪を引く。

 見覚えのあるカーヴを曲ると、湊町「籠平」がビルにはさまれて健在。
1丁目の路地からピアノが聴こえてきたりして、日曜日で人気(ひとけ)の
少ない町を歩く。

 路地と路地の間に堤防が見える角地の建物(かなり広い)、社のある
裏手・資材置き場に廻る。ここから後ろ姿だが、建物の全体が見える。
 建物と堤防に囲まれた資材置き場兼駐車場の、空っぽの空間に集中する。
うつくしい。
 堤防を降り、河岸の小さな日向(こちら側は冬はつらい)で身体を温め
ながら、風に吹かれて水辺と建物の背面と枯草を見る。膝まであるダウン
コートの威力だ。一昨々日までのキルティングコートでは、早々にめげて
いただろう。

 湊2丁目11の辺り一帯が更地になっている。上記の日本不動産株式会社も
含まれる中央区近代建築物調査の建物は無事だろうか。
 2020年に東京オリンピックを開けば、フクシマの事故の後始末も東北の
復興も、同時に自動的に解決する筈、とでも思っているかのような、都内の
再開発風景だ。

 安倍晋三はうれしそうに北朝鮮の核実験を戦争法の正当化に使うし、夏の
参議院選挙で与野党の勢力均衡を望むひとたちが50%、とか。勢力逆転は
望まないのか、羹に懲りて膾を吹く式で?

 権力に頭を下げていれば、自分に害が及ばないと信じる傾向の強いひとびとに、
それじゃ駄目なんだと納得させ、行動させるにはどうすれば効果があるだろう。

 クラウドファンディングで資金を集め、電通や博報堂より能力の高い広告代理店
ルーダー・フィン社は、どう?)を雇って、感情的・感覚的・反射神経的に納得
させるのは? いま危機感に駆られているひとたちは放っておいても、ともかく
野党を増やそうと投票行為するだろう。問題は、生活に疲れ過ぎたりして、投票/
無投票とその結果が、自分にもたらす不幸を想像する余裕のないひとや、政治に
関わるなんてかっこ悪いと思って(事実、かっこよくはない)、自分とは無関係
だとするひと(そんなこと言ったって政治は拘束的に関係してくるのだが)に
向けて、何をするかである。

 民主党その他野党の危機感が伝わって来ないのは、広報・アピール能力の低さから
だろうか。わたしは「とりき(とりあえず産党に投票)」することまで覚悟している。
 人柄がだとか、えっ、共産主義?とか、そんな贅沢を言ってられる状況だろうか。
もはや崖っぷちにいるのに。

 帰るさ、日比谷線・東銀座駅の歩廊を痩せたネズミが動き回っていた。
Sとわたししか気づかない。独房でパン屑を与えてネズミをペットにする
シーンが頭に浮かぶ。
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-01-11 15:18 | 雑録 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2016-01-11 21:34
湊町って大阪かと思ったけれど歩いたことがあるなあ。
民主党はほとんど自分の保身しか考えていないのでしょう。
Commented by byogakudo at 2016-01-11 22:25
鉄砲洲稲荷の近辺は、(誇り高く!)むかしの町名を残しているので、
江戸の町のサイズが分かりますね。

ナチのプロパガンダ以上の(あるいは以外の)広報技術を開発して
来なかったのが失敗だったのでしょうか。経済成長以外の、新しい
価値体系を提案して、それを具体的に見せる、感じとらせる、とか。


<< 小林信彦『コラムにご用心』読了      阿佐ヶ谷 青葉荘 >>