2016年 03月 01日

丹生谷貴志『死体は窓から投げ捨てよ』を読み始める

e0030187_1843333.jpg












 フランス現代思想と総称されるであろう本を、ほとんど読んで
来なかった。ドゥルーズの死についても知らなかった。それでも
これは、気持ちがいい思考の記録だと思う。

 『老いの言葉__1』「......言うまでもなく......」より引用。

<「終末論」と「崩壊」を混同してはならない。終末論は
 外在性のイマージュであり、「崩壊」は内在性の条件で
 ある。>(p18)

<生は内在的な死において漸進的に崩壊してゆく過程
 なのであり、内在的な雪崩れの分散そのものとして
 定義されねばならない。死はもはや「外部」ではない。
 或いは生には外部などない。生死は「崩壊」という
 内在的な過程の中に同じものとして内包され、わたし
 たちの存在の、或いは「世界」そのものの絶え間無い
 分散となり、離散集合のリズムとなる。死すべき人間、
 或いは死すべき世界とはすべての過程を示すほとんど
 「科学的な」言葉であり、先取りされた終末の予感=
 詠嘆の言葉ではない。>(p19)

 枕頭の一冊になるだろう。

     (丹生谷貴志『死体は窓から投げ捨てよ』
     河出書房新社 1996初 帯 J)

3月7日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-03-01 19:33 | 読書ノート | Comments(0)


<< 今週のホイホイ(3)+森茉莉付...      田中美穂『亀のひみつ』読了 >>