猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 04日

行ってきた

e0030187_20362720.jpg












 古本屋は辞めたが、税務署と手が切れない理由があって、
春もうららな本日、あきらめて出かけた。行っちゃえば何とか
なる。分かっていても、行くまでが大変いやである。

 終わった。疲れた。でも帰るさ"書原"に寄る。探す元気がなく、
 「あの、中公文庫の『雪あかり日記』ありますか?」
 「はい?」
 「ナチ・ドイツのころ留学した、建築家の...」
 「はい」と、谷口吉郎『雪あかり日記/せせらぎ日記』を
手渡される。
 帰りの地下鉄で開いてみる。近ごろの文庫本は活字が大きい。
"本"を読みたい老人のためにも、電子書籍ではない本の形態が
続きますよう。

 部屋に戻って、これも紙媒体の夕刊を手にすると、大見出しで
<辺野古工事中断へ>。
 安倍晋三の、参議院議員選挙前・限定の和解案受け入れ、
ただの時間稼ぎ。

 第2面には、4日の自民党役員連絡会で、党紀委員長・山東
昭子が__

<安倍晋三首相(党総裁)が在任中の改憲実現に意欲を示した
 ことに懸念を示した。
  「参院選前に不適切だ。思いは分かるが、改憲の意向だけが
 表に出る。マスコミや野党に首相が九条を変えたいと喧伝(けん
 でん)される」と述べた。>

 内金50万円で買える男、甘利明の辞職を"潔い"と捉えるお人好し
たちに、どうやって投票者としての責任を自覚させられるか?





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-03-04 20:13 | 雑録 | Comments(1)
Commented by saheizi-inokori at 2016-03-04 21:13
和解の修正案なるものがちっともわからないのです。
アメリカの圧力があったのか、それもわからない。


<< 鈴木創士氏のコラム「第72回 ...      楠森總一郎氏、第29回 IZU... >>