猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 09日

「ヤクザ・リセッション」

e0030187_12403497.jpg








 写真のタイトルは勿論 vitrine です。

 物々交換の結果、上記の本を読んでいる。もうすぐ終り。
 当店では ほとんど需要が見られない経済もの文庫本を買って下さるお客さまが
あって、1冊だけ残っていた岩波文庫のマルサスを進呈しようとしたら、
 「悪いな。じゃ、これと交換ってことにしようよ。面白いよ」
 という訳で読むことになった(ベンジャミン・フルフォード 光文社ペーパー
バックス 03再)。

 経済の話というより陰謀ものに入ると思うが、本自体が興味深い。新刊書店に
行かないので、アメリカのペイパーバックス仕立てのまま、日本語の本が横組で
出版されていることに驚く。時勢に疎くっていけない。

 奥付は扉裏、その右頁にAbout Kobunsha Paperbacks と題してシリーズの説明が
成されている。書き抜いてみる。
   1、ジャケットと帯がありません。__カヴァではなくジャケット! 遂に!
   3、本文はすべてヨコ組です。__「いまの日本語はほとんどの場合、ヨコに
                   書くのが普通です。」とあるが、本当?
   4、英語(あるいは他の外国語)混じりの「4重表記」__ひらがな、カタカナ、
                    漢字の3重表記が既にあるから1個加え、
                    「これは、いわば日本語表記の未来型」と
                    言われても・・・。

 たしかに それほど読み辛くもなかったけれど、この種の実用書ならともかく、
横組本が本当にスタンダードになるだろうか? いまの教科書も横組と書いてあるが、
日本語教科書もそうなのか?
 
 P50を例に取ると、
    ちなみに欧米では「正式代理人 (power of attorney) 」と呼ばれ
   る制度がある。弁護士 lawyer の元で特別な書類を申請しなければ、
   他人の資産にけっして触れることができないようになっているの
   だ。

 こんな調子の紙面で、弁護士の上にはローヤーというルビまで振ってある。
このペイパーバック・シリーズで鍛えて、英字紙誌を読めるようになりなさいという
配慮であろうか?
 読書体験として、面白くなくもなかったが。

本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2006-01-09 12:40 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「推理文壇戦後史 2」      「日本ホテル館物語」 >>