2016年 04月 15日

水上滝太郎『銀座復興 他三篇』も読み出して

e0030187_18997.jpg












 1冊読んでる途中に別の本を入れると、先に読んでる本に戻れなくて
半端な積読本が増える。分かっているのに、注文したのが届くと、
やっぱり手にする。目が文字を追う。

 昨夜9時前、都内で地震があった。バシッと瞬間的な揺れがあり、しかし
TVをつけても地震速報が出ない。それきり、確認するのも忘れていた。
 11:30pm頃だったか、webメールを消そうとして、ログイン前のニュース
欄に、熊本で震度7、という見出しを見る。記事を読み、TVをつける。

 9・1(1923年)、戦中戦後の4大地震、1・17(1995年)、10・23(2004年)、
3・11(2011年)、それに4・14が加わるのか。
 やりきれない思いをしながら、ヤケのように水上滝太郎『銀座復興 他三篇』
の『銀座復興』だけ読んで眠る。

 たぶん大丈夫とは思ったが、今夜、宮崎市に住む兄たちに電話してみた。
彼らはTVをつけていて、携帯電話もオンだったから、地震の2、3秒前に
緊急地震速報を聞いたそうだ。2、3秒前でも、予期するとしないとでは
違うよ、と。(しかし、震度3強くらいだったから、とも言えるのではない
かしら?)
 深夜の余震も、熊本ほどの強さはないが何度か起き、その度に古い家が
ガタガタと鳴り続けたらしい。


 亡くなられた方々に哀悼の意を。
 負傷者、被災者の方々が早く日常に戻られることを。(今夜の炊き出しが
温かいカレーライスだったり、お風呂が設置されたとTVニュースで知って、
少しほっとした。)

     (水上滝太郎『銀座復興 他三篇』 岩波文庫 2012初 J)

4月16日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-04-15 21:24 | 読書ノート | Comments(0)


<< 水上滝太郎『銀座復興 他三篇』読了      町山智浩『99%対1% アメリ... >>