猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 21日

「東京新聞」、もっと"引き"で!

e0030187_195022.jpg












~4月20日より続く

 「東京新聞」の熊本地震報道が示す記録性、誠実さはすばらしい。
 一面を使って地図を出し、地震発生地点と日時を見せることで、地震域
拡大の様子が一目瞭然、理解できる。
 連日して、震度とその内容と発生回数の表(例えば震度7とは「耐震性の
低い鉄筋コンクリート造りの建物が倒れる」と説明して、その右に発生回数
「2」)を出し続けるのも正しい。初めて記事を読むひともいるのだから、
必要な情報である。

 けれども、やや近視眼的な報道姿勢ではないか。自然活動に対して人間は
無力だが、少しでも日常生活への復旧をもたらすのは、ひとがなし得る行為
である。具体的には政治の力を用いて、それが成される。

 それがまあ、どうだろう。震度7の翌日、視察に行く予定だった安倍晋三は、
二度目の震度7という未曾有の大地震に怯えてキャンセル__これは結果的に、
却って被災地のためにはなった。下手なお見舞いは、混乱する現場の足手まとい
以外の何ものでもないから。
 国会でTPP交渉の件を再開する、いや、しないと、東京が(まだ!)被災も
してないのに大混乱している。そして昨日も書いたように、混乱のどさくさに
紛れて、個人の権利を抹殺しようとする法律が可決・成立してしまう。

 権力側はまとめて通してしまって、してやったりだろうが、これらの法律を
一つずつ、詳細に検討して批判する紙面作りを「東京新聞」には求めたい。
 前にもこれらの問題点を指摘した記事があったのは知っているし、覚えて
いるけれど、何度でも問題点は指摘され続けるべきであろう。夏の参院選の
投票行為の参考資料としても。

 いま、地震報道にばかり紙面と人手とを用いるのは、結果として、挙国一致
の救国戦線に参加することではないか。安倍晋三・独裁政権に加担することに
ならないか?

 状況を、もっと"引き"で見渡した紙面を「東京新聞」には期待したい。
(他の新聞には期待してない、というのではない。取ってない、読んでない
ので何ともいえないが、できれば権力に対して批評的な鏡、マスメディアで
あってもらいたい。)

 読者の感情に訴えにくい記事を載せ続けるのは、部数の点で問題だと、営業
部門から言われるかもしれない。軟派な「都新聞」の伝統に反するかもしれない。
 昨夏、戦争法案反対の記事が精力的に続いたとき、読者欄に「いい加減にして
くれよー!」という意見が選ばれて載せられた。
 60歳かそこらで、そんなに考えることが面倒なのか。なんて情けない野郎だと、
わたしは思ったが、熱しやすく冷めやすいのが大衆心理だ。

 そういうことをいうと、すぐ、おまえは何様のつもりだと攻撃されるらしいが、
自己紹介しておこう。戦後の大衆社会に育った"ただのミスフィットなあたし"だ。

 安倍晋三と日本会議一味のせいで、ニンじゃない、いわゆる政治的発言をする
ことが続き、我ながら、こそばゆい思いをしてなくはないけれど、基本的人権が
保障された戦後社会に生まれ育ち、個人が在ってのち、国家も必要悪として存在
すると考えて生きてきた。

 何の努力もせずに手に入れた、自然権としてしか意識してこなかった基本的
人権だが、せめてそれを次の世代に手渡す努力くらい、したっていいだろう。
人権獲得のために命を落した人々を思い出せば、それくらい当然だ。
 普通選挙権にしても、男は1928年になってから、女は戦後、1945年にやっと
得たのだ。

 選挙権の行使は、納税者の意志を反映する。責任を持って使おう。
 ろくに税金も払ってない奴が大きなことをいうと非難されたら、消費行為の
ひとつひとつに付加価値税を払っている、と答えよう。

 感情に訴えない事柄を持続して伝えるのが、どんなに難しいか、分かっている
つもりだ。

 戦時中に刷り込まれた「共産党は何だか怖いから近づかないでいよう」という
洗脳が溶けないまま戦後を生きた80歳代__嵐が通り過ぎるのをおとなしく待って
いたつもりだろうが、焼夷弾は忠君愛国も共産主義信奉も区別しなかった一事から
でも、信仰が結果的安全につながらなかったと証明されていると思うが、こういう
ロジックでは、ひとは納得しない。
 「安倍さんがそんな(国民にとって)悪いことするだろうか?」と、無邪気に
規制緩和の恩恵を語る70歳代__農業に大企業が参入して、たとえば田圃の保水
作用は維持できるかしら?

 感情に直接訴えない事柄ではあるが、いつか個体を直撃する事柄である。しつこく
報道し続けてもらいたい。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-04-21 21:52 | 雑録 | Comments(1)
Commented by saheizi-inokori at 2016-04-22 10:18
同感、東京新聞についてのご意見にも、こそばゆい思いをしながらも(か細い)声を上げる義務があると思う点でも。


<< 新宿御苑〜東中野      刑事司法改革法案こと国民発言禁... >>