猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 10日

「桑原弘明展」(2016/05/09)

e0030187_21272111.jpg












 「桑原弘明展」ってやってるよ、面白そう、とSに誘われ、昨日は
中野ブロードウェイの画廊、リトルハイへ。最終日に間に合った。

 呆然とするような超絶ミクロの世界。スコープを覗き込む先に見える
室内から、妄想譚が脳内を駆け巡る。

 作品タイトルが『神様への手紙』だったかしら? タイトルと、階段にも
室内の卓にも置かれる(1mmの)リンゴや、一脚のロッキングチェアから、
これはつまり、アダムのいないエデンでしょう? エヴァはペットの蛇と一緒に
海辺のこの家に暮らしていて、数少ない近所の人からアダムについて尋ねられる
と、長い航海に出ているとか答えるけれど、彼はもう白い骨にされて地下室の床
の一部になってるかもしれないじゃない__などといった妄想物語である。

 東西南北の4点、製作され、最後の1点が11月の青木画廊で見られるそうだ。
行かなくては。

 <95年に巖谷國士と出会い、渋谷のアートスペース美蕾樹での個展で
スコープを初展示して以来>と、はてなキーワードに出ていたが、その頃は
立てこもり期だから見逃していた。

     (「桑原弘明展」@中野ブロードウェイ「リトルハイ」 2016/05/09)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-05-10 21:25 | アート | Comments(0)


<< 昨日から楠森總一郎「ジップジャ...      アンドリュー・ヴァクス/佐々田... >>