猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 16日

杉並区和泉三丁目の庭園(2016/05/15)

e0030187_19165187.jpg












e0030187_1917622.jpg












 昨日は杉並区和泉三丁目に行った。3月2日に歩いたとき見つけた
不思議なお家を目指したのである。

 あの日、道端に出ていたラックに『オープン・ガーデンのご案内』が
入っていて、一枚頂いた。
 3月20(日)、21日(月)はクリスマス・ローズ。この回は行きそびれた。
 5月15(日)、22(日)、29(日)はオールド・ローズや原種の薔薇のための
庭園開放だ。

 晴れて、日陰は涼しい風が吹くが、日向は日光の直撃を受ける午後、
静かな住宅地にひとが集まる一郭。そこです。(大体の見当で歩いた
ので、迷ってしまった。)

 花盛りの薔薇もみごとだったが、お庭のあちこちに置かれたオブジェの
顔のよさ、庭仕事の道具類の面白さに、ついつい惹かれた。

 小さな池ではカエルの置物が水を吹き、金魚が泳ぐ。登らなかったが、
ツリーハウスまで作られている。細部が豊かなので、けして大庭園では
ないけれど、見回るのに時間をかけた方が楽しめる。

 客が次から次へとやってくる。迎える方々は、さぞお疲れだったろう。

 永福町駅へ向かった。他にも、道路からお庭の薔薇を見せる造りのお家
がある。
 いま"郊外"というと、大きな道沿いに量販店の並ぶ光景が思い出されるが、
むかし"郊外の住宅地"というと、白いペンキ塗りの柵のある小庭園、小ぶりな
下見板張りの木造家屋だった...、ブツブツ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-05-16 20:14 | 雑録 | Comments(0)


<< アンドリュー・ヴァクス/佐々田...      ファスビンダー『ベルリン・アレ... >>