猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 23日

蔵前へ(2016/05/22)

e0030187_22155160.jpg












 お昼過ぎがことに暑い、いや、熱い。2pm なんて滅相もない。
 昨日は3時まで部屋で待機してから地下鉄に乗る。丸ノ内線・
中野富士見町〜中野坂上で大江戸線に乗り換え、都庁前で
飯田橋方面に乗り換えて11個目(出発駅から数えると14個目)、
蔵前で降りる。大川に接近するには約50分かかる。

 久しぶりの蔵前。日曜日なので、さらにひっそりしている。
 寿三丁目から駒形一丁目へ。100円の自動販売機で、冷たい
お茶を買う。
 角地のお家は前に S が写真を撮った。黒板塀に染め付けの
植木鉢が掛かっているのが印象的だ。

 大川端のテラスに降りる。ジョガー、犬の散歩をさせるひと、ぼんやり
ベンチに坐るひと(ホームレスが横になれないよう、ひとり分ずつ座席が
手すりで仕切ってあるのは、ほんとに貧しい風景だ)、釣り竿を垂らすひと、
モダーンジャズ系の音を出すミュージシャンもいた。

 柳橋へ行くためにテラスの階段を登って降りる。総武本線のガードと平行
する道に出る。斜めの陽が射し、空っぽで誰もいない町が待っていた。
 すぐにガード下から人々が歩いてきて、瞬間の町は消えたのだが、この一瞬
が昨日の散歩で見た、いちばんうつくしい風景かもしれない。

 柳橋一丁目には、白いルネサンス様式風・看板建築__角を曲ったら
右から左に横書きで「原齒科醫院」の看板が掲げられていたが、診察日や
診療時間のプレートはペンキで消してあった__、渋い朱塗りの支那風・
看板建築で「人形の昇玉」(シャッターに「本日より月末まで休業します」
と張ってある。いつの"本日"なのか?)他、むかしの町並が少し残っている。

 浅草橋駅近くの F バーガーでアイス・コーヒー休憩。暑さで疲れが早く来る。

 4:40pm、蔵前方向へ、ふたたび歩き出す。榊神社、いい。御蔵前公園辺りも
以前通って撮った界隈だ。
 5:25pm、大江戸線・蔵前から地下鉄に乗って戻る。

 夜、蔵前が地下鉄で12個目くらい、本郷三丁目辺りにあればいいのにねと、
叶わぬ悲願を語り合う。
 若松河田とか新宿区に越せば、蔵前は近づくが、なじみの古本屋と接骨院を
開拓して、その前に、また本とモノを捨てて引越す行為が必要で、もうそんな
元気はない。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-05-23 21:54 | 雑録 | Comments(0)


<< 坂口安吾『肝臓先生』読了      夢のなごり >>