2016年 06月 13日

P・G・ウッドハウス/岩永正勝・小山太一 訳『ジーヴズの事件簿 大胆不敵の巻』読了

e0030187_10484022.jpg












 本棚を見たら、単行本のウッドハウスは、国書刊行会版で3冊、
文藝春秋社版が2冊、並んでいる。翻訳・出版された一部に過ぎ
ないが、日本語訳の読み較べも、やろうと思えばできる。いま、
その熱意はないけれど、文庫末の『訳者付言』に『世界大ロマン
全集』乾信一郎 訳の話が出てくると、読んでから店の棚に出すん
だったと少し血が騒ぐ、いや、後悔する。

 いつも主人公、バーティを困らせるビンゴ・リトルの愛読書は、
<どんな馬もレース前に最低十回は出走妨害を受けるらしい>(p50)
競馬小説であり、ビンゴの生活費を握る堅物の伯父さんは、なぜだろう、
血縁だから?、こちらはハーレクイン・ロマンス風・大衆小説の大ファン
である。

 この1920年代版ハーレクイン・ロマンスは、女流作家名もタイトルも、
いかにもなネーミングで、ロージー・M・バンクス著『全ては愛のため』
『一介の女工』『向こう見ずのマートル』『全てを賭けた女』『マーヴィン・
キーン、倶楽部の男』『かつて五月に』などなど。

 作家、ロージー・M・バンクスは、
<「[略]臨場感が出ないと、筆が進まないの」>(p235)

<最近は、小説で大衆受けを狙うなら、現場の雰囲気をうまく出さなく
 ちゃならない。読者はうるさくなってきている。何でも知りすぎるほど
 知っているからね。シーンの設定がいいかげんだと、あっという間に
 ちょんぼをやらかして、多くの読者から「前略、どうやらご存じない
 ようですが__」と苦情が舞い込むはめになる。>(p235)

 1920年代イギリスのエンタテインメント事情は、いまと大して違わない。

 どたばた短篇集だが、どんなに混乱を極めた状況であっても、主人公・
バーティの召使、ジーヴズに任せれば、快刀乱麻、みごとに着地する。
 映画『召使』のコメディ版、いや、ドン・キホーテとサンチョ・パンサの
昔から、召使は主人に対して批評家であるのが典型というもの。

     (P・G・ウッドハウス/岩永正勝・小山太一 訳
     『ジーヴズの事件簿 大胆不敵の巻』 文春文庫 2013年4刷 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-06-13 17:32 | 読書ノート | Comments(0)


<< 舛添要一は安倍晋三へのネガティ...      老人と喫茶 >>