猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 28日

アンドリュー・ヴァクス/佐々田雅子 訳『ブロッサム』読了

e0030187_22575277.jpg












~6月27日より続く

 勝手知ったるニューヨークを離れ、インディアナにやってきた
バークは町の様子を知るために、食堂のウェイトレスで、彼の
席を受け持った女の子に声をかけ、案内してもらう。同じ食堂で
働いているのが今回のヒロイン、ブロッサム。バークを担当した
のは、おねえちゃんタイプのシンディーだ。

 ニューヨークでなくても、スパイクヒールは全盛期らしい。
 元トップレスバーにいたシンディーは、
<シームの入ったストッキング。中くらいの高さの白いスパイクヒール>
(p92)で注文を取っている。
 ブロッサムは、
<ユニフォームはシンディーと同じものだったが、この女が着ると、看護婦
 みたいに見えた。膝下まで丈のあるスカート、白いストッキング、フラット
 シューズをはき、ブラウスは首までボタンをかけている。>(p94)
と、地味に登場するけれど、あとでバークと親しくなると、俄然、スパイク
ヒールの女になる。

 町の案内係をやった後、シンディーは物語から姿を消すが、泣かせる
キャラクター設定である。
 バークの擬装はニューヨークのやり手ビジネスマンなので、どこかいい
レストランは、と尋ねる。

< 「それって二重丸の店のこと? 高級とか?」
  [略]
  「だったら、<リカード>にいかない? あたし、まだいった
 ことないけど、ほんとにいい店だって聞いてるからさ」>(p143)

 店のホステスはシンディーを値踏みして、悪い卓に案内しようとする。
バークは構わず、湖に近い卓に進む。ホステスとのやりとりを見ていた
にちがいないウェイターが、やってくる。
<修業歴が信任状になった時代に修業したような男だった。
 [略]
  「[略]何かお飲み物をお持ちいたしましょうか......シャンペンなど
 いかがでしょう?」
  「あたし、いいかな......?」
  おれはうなずいて、シンディーがそれ以上何かいうのをさえぎった。
 [略]
  シンディーはサーカスにきた子どもみたいに、まわりを見まわしていた。
 それも、はじめてきた子どものように。「わあ、すごい! きれいなお店。
 それに、店の人、あんたには丁寧だし。あたし、ほんとはシャンペン頼み
 たくなかったんだ。ていっても、好きは好きなんだけど。でも、いつも水で
 割ってあったりするじゃない」
  「ここはそんなことないだろう」
  「そうよね。だって......男の人がお酒を出してくるようなところなら、
 そんなことないもんね」>(p144~145)

 シンディーはインディアナのデイジー・ミラーにちがいない。しかし
インディアナと聞いても、主人公バークに劣らず、日本語読者は土地勘が
ない。インド林檎とカーレースしか思い浮かばないが、にも拘らず(?)、
バーク・シリーズにしては、しみじみと家族や家庭についての思いが伝わる。
ニューヨークを離れたおかげだろうか。

 また、余談の余談だが、ローレンス・ブロックでもアンドリュー・ヴァクス
でもアメリカ人は食事にお酒を飲まないときは、いつも甘い炭酸飲料を飲む
のかと驚かされていたが、ついにその伝統はブロッサムによって破られる。
 彼女はただの炭酸水を飲むのだ。アメリカ人らしくヴィタミン剤も摂る
けれど、食事時にまともなものを飲む登場人物に、やっと出会った。

     (アンドリュー・ヴァクス/佐々田雅子 訳『ブロッサム』
     ハヤカワ文庫 1996初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-06-28 22:18 | 読書ノート | Comments(0)


<< 銀座レトロギャラリーMUSEEへ      アンドリュー・ヴァクス/佐々田... >>