猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 12日

「推理文壇戦後史 2」売切れ

 店を開けようとしていたら、月に一度はいらしてくださるお客さま。このところ
12時過ぎてからシャッターを上げるときが多く、面目ない。

 あれこれお喋りしていたら、お客さまが「とうとう わたしも猫好きの仲間入り」と
カミング・アウトされる。奥様は猫好きなのに、彼は「猫? 大嫌いだよ!」と仰って
いたのだが。

 旅行中の10日間預かって欲しいと頼まれた奥様が、ご主人に黙って猫を連れ帰ったら
その猫のお客さまに懐くこと。彼の脚にまとわりつき、夜中 お手洗いに立てば
ドアの前でじっと待っていて、出てきたらニャア!
 10日後、引取にきた飼主を見て逃げ出し、部屋の隅で身を縮めて隠れていたという。

 以来、「ねえ、借りてこられないかい?」「旅行に出る体力がなくなったら猫を
飼おうよ。孫より いいや」の人になられたそうです。
 __というお客さまが「推理文壇戦後史 2」を買って下さった。たぶん全巻
読みたいと思われるのではないかしら? わたしも読みたいし、こんな時はやっぱり
お師匠さんにお伺いを立ててみよう。でも、日本ミステリの評伝類もお持ちだろうか?

本・読書ランキング[人気blogランキング]へ 
[PR]

by byogakudo | 2006-01-12 16:32 | 雑録 | Comments(0)


<< 金曜日はタリーズの日、      宇治晶個展 >>