猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 01日

だからって諦めやしない

e0030187_20214941.jpg












 年をとるのは、あちこち身体が痛くなったり、あまり快適なこと
ではないけれど、ひとつだけいいのは、気が長くなって、何か意に
沿わないことが起きようと、諦めて投げ出そうとはしなくなる。
 何とかもっと別の手だてはないものか、搦め手で行くにはどう
しよう、と考えるようになる。

 ああ、若いころはちがった。まるで反対。何かしら好ましくない、
意想外の事態に直面すると、すぐに絶望した。自分が限界にきた
だけなのに、世界の限界だと思い込むような阿呆だった。
 いまでも阿呆には変わりないが、自分の阿呆らしさが自覚できる
ようになった分、ましであろう。

 石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一と、趣味の悪さ、学習能力のなさ
__顔に対する判断力がない。言葉とその実現性に思いを馳せられず、
口に出された言葉がすなわち実現された結果だと混同する。大声にヨワい。
泣き落としにもヨワい...。__を露わにしてきた東京都の選挙人名簿登録者
にどう語りかければ少しは考えるようになるだろうかと、対策を考える。

 待機児童の問題と原発廃止のことと、アメリカとのつき合い方などなど
__、喫緊だが小さな私的な問題と、たとえば外交政策とは通底していて、
両者を同時に見ながら個別に対応しなければならない問題なのだ、という
ことを、
 「エラっそうに」とか、
 「すぐ話を拡げる」とかの反感を招くことなく、共通の場で考えるには
どうすればいいだろう、と考えるのだ。

 保育園不足の問題が浮上してきたときだったかしら、ツイッターを覗いて
いたら、「シングルイシューのままで討議して欲しい。話を拡げないでくれ」
といったような意見が、たしか男性のツイッター投稿者からあって、世の中、
こんなに逆転したのかと仰天したことを思い出した。
 この台詞は、むかしは女が口にしがちで、男が
 「でも、それのみで存在する問題や出来事ってないよ」と注意を促して
いたような気がします、はい。

 参院選の結果を受けて、島田雅彦はポピュリズム使用を考えているようだが
__作家 島田雅彦氏「サヨクにもポピュリズムの旗手が必要」
 
 投票数で第五位が桜井誠、114,171票。11万強の悪意の発現である。



 障害者施設を襲った男は、やっぱり佯狂だと思う。自分が担当した
病棟は、顔を知っている/知られている患者がいる可能性が高いので、
襲わなかったことから言っても。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-08-01 16:35 | 雑録 | Comments(0)


<< すきま散歩      岡本喜八『マジメとフマジメの間』読了 >>