2016年 08月 05日

鈴木創士氏のコラム「第77回 病院、アルチュセールのことなど」

e0030187_21475329.jpg












 8月の鈴木創士氏のコラムは、「第77回 病院、アルチュセールのことなど」。

< アルチュセールは事件の後「免訴」となったが、免訴の決定の後、措置
 入院によって精神病院に収容されることになる。免訴は、それに対する評価が
 どうであれ、この社会のなかの居場所を完全に失うということである。事件の
 本質はおろか、事件の当事者の弁も明らかにはされない。彼は「行方不明」を
 余儀なくされる。免訴によって裁判は行われなかったのだし、彼は病院に入る
 ことによって、つまり「狂人」になることによって、その弁明の機会、自分の
 起こした事件への返答を社会によって拒絶されることになる。>
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-08-05 14:49 | 読書ノート | Comments(0)


<< あつい、あつくるしい      アンドリュー・ヴァクス/菊地よ... >>