猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 13日

金曜日はタリーズの日、

に いつしか相成り、きょうも立寄る。神保町に着いたのが2時頃と遅く、あまり
芳しい仕入れではなかった。棚はずいぶん空いていたので、早くには良本があったの
かも知れない。

 タリーズの喫煙室から ガラス越しに陰った空を見る。気が滅入る。お正月時分の
寒さではないから まだよいけれど、人気(ひとけ)がないこと必至の明日からを思うと、
ああ、どうしましょう? また二人で暗い顔をして過ごすのだろうか。いまから
絶望のシミュレイションをやっても無意味なのだが、暗い方への想像力には長けている
から仕方ない。

 と思いも暗く、でも帰りの地下鉄内で「日本映画縦断2 異端の肖像」(竹中労 白川
書院 75初)に熱狂する。名前だけ知っていた団徳麿の写真がどっさり! 日本の
ロン・チェニーだ!と下の解説文に眼をやると、
   <多様なそのメタモルフォーゼにおいて、団徳麿はロン・チェニィを、
   上山草人を、ボリス・カーロフをすらしのいでいる>。大絶賛である。
インタヴュー頁もある。読まなくっちゃ。

 シマック「法王計画」(ハヤカワ文庫 84初帯)を読み出したばかり? そんなもの、
あとでも読める。
 逃避してばっかり。

本・読書ランキング[人気blogランキング]へ 
[PR]

by byogakudo | 2006-01-13 20:15 | 雑録 | Comments(0)


<< 「日本映画縦断 2 異端の肖像」      「推理文壇戦後史 2」売切れ >>