猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 23日

(1)梶山季之『のるかそるか』を読み始める

e0030187_20493984.jpg












 梶山季之が現代を舞台にして書く小説は、風俗小説というだけで
なく、情報小説の面がかなり強い。

 最初の『寅市登場』では、1964年度・東京オリンピック直前の
ナイトクラブのホステスと、バーやキャバレーに勤める女性との給与
体系のちがいが、まず記されている。

 ナイトクラブに勤めるヒロイン、桜瀬瑛子(さくらせ・えいこ)の職業は、
<いわゆる"夜の蝶">であると紹介される。

 一文の続きを読むと、"夜の蝶"は<銀座や新宿あたりの、バーやキャバ
レー>勤めと認識されているようだ。こちらは作中では女給と称される。
戦前のカフヱの女給の延長と見なされているのか。
 赤坂のナイトクラブに勤める瑛子は、新種の夜の蝶なので(?)、
ホステスと呼ばれる。(いまでは、バーでもキャバクラでもホステス
だろうが。)
 そして女給とホステスでは給与の支払われ方が異なる。

 バーやキャバレー勤めの女給たちは、固定給+チップや歩合。64年ころ
だと、銀座のバー勤めで日給1500円前後だ。瑛子の場合、ひと月6万円
にならなかった。

 ナイトクラブのホステスは固定給ゼロ。指名料(1時間1000円)で稼ぐ。
<従って、客の指名がなければ__言い換えると、大勢の客を持っていな
 ければ生活できない。>
 7:30pm出勤の早番と、8:30pmまでに出勤の遅番があり、閉店が0:30
amころ。正味約4時間で勝負する。

 瑛子はナイトクラブに移ってから、少ないときで月10万円、多いときには
16、7万円以上稼ぐようになった。指名料の他に"お握り"と呼ばれるチップ
があるからだ。店では原則として禁じられた行為だが、
<外人客は特に気前がよくて、使い残りの日本円を全部チップに握らせて
 くれたりする。>(1ドル=360円の時代である。)
 平均ひとり頭5000円のチップとして、もし一晩に6組から指名されれば
3万円だ。(P3~4)

 超高級取りだけれど、ギャンブル性が強い。『のるかそるか』の世界が
始まる。
 
     (梶山季之『のるかそるか』 集英社文庫 1977年3刷 J)

9月24日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-09-23 22:07 | 読書ノート | Comments(0)


<< (2)梶山季之『のるかそるか』半分弱      (3)グレアム・グリーン/高橋... >>