猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 11日

加藤周一『西洋讃美』読了

e0030187_20345461.jpg












 写真は近所で。鍋屋横丁を青梅街道を渡ってすぐ、北に向かう左側。
なに通りって言うんだろう? ここらも神田川界隈である。染物屋、
呉服屋が、ちらほらと残る。

 加藤周一『西洋讃美』。今日、読み終えたが、一年がかりだったような
気がする。地下鉄内で読もうとして、しょっちゅうバッグに入れるのを忘れ、
最初に読んだ詩と詩人についての考察なぞ、なにも覚えていない。

 1958年初版の文庫本。
 あとがきによれば、『現代詩人論』(弘文堂 1951年)から4篇、『戦後の
フランス』(未来社 1953年)から2篇、新聞や雑誌に書いたものから10篇、
選んである。

<いずれも西洋の文学芸術と私との接触の一面を語っている。その一面
 とは讃美の一面であり、故に題して「西洋讃美」という。>(p223)

<すぐれた芸術は、世界の到るところに、殊に日本には沢山ある。私が
 あえて西洋讃美というのは、[略]
 フェノロサからブルーノー・タウトに到る西洋人たちは、日本美術のなか
 で何がほんとうに生きているかを一眼みた瞬間に見破った。彼らは日本の
 木版画や建築、[略]またインドやアッシリアやエジプトの古代美術のなか
 から、実に生々とした美を探しだす眼をもっている。そういう眼はどうして
 養われたか。[略]西洋文化のなかに含まれている一種の普遍的性格によって
 養われたにちがいないのである。昔から地上には多くの文化があった。しかし
 おそらくすべての文化がこのような普遍性を備えていたとはいえない。
 [略]
 普遍的なものは、すべて思想的なものである。石を刻み、積み重ねてつくった
 西洋の形のなかに普遍的なものがあるとすれば、つまるところそれは西洋思想
 の普遍性であろう。私はそれを讃美したし、今も讃美している。>
(p225-226)

 『美術』の『美術史の縮図_ターナーをめぐって_』より引用。

<芸術家としてのターナーには、現在[注:1950年代]の日本の、油絵画家
 のみならず、あらゆる種類の創作家にとっていちばん痛切な問題が含まれて
 いるとぼくは思う。つまり文化的伝統と個人の才能工夫との関係の問題だ。
 [略]
 われわれの国の油絵画家は、[略]巴里へ出かけるときに「日本には油絵の
 伝統がない」というのだ。幸にして彼らの大部分には全く才能がない。しかし
 不幸にして__[略]__才能があったら、ある意味で、彼の問題はターナー
 のそれにちかづくにちがいない。
 [略]
 才能があればあるほど、その芸術家にとって、才能を超えるものとしての、
 あるいは才能とは別に彼の作品を左右するもう一つの力としての伝統の
 比重が大きくなる。もしはじめからその間に分裂があれば、分裂はいよいよ
 激しくならざるをえない。ターナーとは、そういう分裂がいちばん激しく
 なった場合の現象だと思う。
 [大きく略]
 ぼくが古典主義ということばでよぶのは、個人経験乃至感動よりも、普遍的な
 作品の世界を信じるという芸術家の不幸な決心に他ならない。[略]作者は
 語らず画面が語るということになる。敢えてそれを辞さないのは一つの決心
 だろう。しかしそういう決心を可能にするのは決して個人ではない。[略]
 それをできるようにするのは歴史的な文化である。モネーがフランス人だった
 ということの意味、ターナーがフランス人でなかったということの意味はそこ
 に尽きる。
  ターナーの絵はターナーを語る。彼の画面は彼の感動の挿絵だ。われわれは
 ヴェネチアの運河をみないで、運河に相対した画家の感覚と心とをみる。[略]
 或は、画面のなかで、作者が直接に語っているといってもよかろう。彼は[略]
 浪漫主義が語ろうとして語りえなかった不安を、憧憬を、無限なるものをまえに
 した心の動揺を、語るのだ。彼の色は渦をまいている。光はゆれうごいている。
 彼の画面のなかでは絶えず何かが生れている。彼は[略]、自然を生成の相の
 もとに眺めたのだ。生成の相の下に眺めながら、しかも絵をかくという本来
 不可能な企てに手を下したのだ。なぜなら画面は結局固定したものであり、
 動かないものだからである。
 [略]
 ターナーがそれ[注:不可能]を企てたとすれば、[略]企ての動機がわれわれを
 動かさずにはおくまい。われわれは結果を透して動機をみる、ターナーの感動の
 密度を感じる。つまりイギリスの魂の一面に触れるのだ。
  ターナーの場合は個人の場合である。彼は伝統とはならなかったし、彼の後には
 どういう流派も来なかった。近代絵画はフランスで展開したので、イギリスで展開
 したのではない。そしてそれほど必然的なことはなかったとぼくは思う。ターナーは
 偉大なエピソードに終る。それ以上にイギリスを見事に説明する事実が他にあろうか。
 歴史のなかに古典主義がなかったということの意味は、どれほど大きく評価しても、
 しきれるものではない。それはほとんど厳密な意味での芸術的伝統がなかったという
 ことにちかい。しかしもちろん芸術的才能はありえた。おそらく芸術的天才さえも。
 ターナーが今もわれわれに語っているのは、天才がその意味での芸術的伝統のない
 環境に生れたときに、どうなるかということの痛切な実例に他ならない。天才でない
 者は、フランス人、またはイタリア人の模倣をしていた。>(p44-54)

     (加藤周一『西洋讃美』 現代教養文庫リバイバル・セレクション
     1993初版2刷 J)
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-10-11 21:10 | 読書ノート | Comments(0)


<< (1)丹生谷貴志氏のツイッターより      (1)ドン・ウィンズロウ/東江... >>