猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 02日

ロバート・キャンベル(R・ライト・キャンベル)の方へ

e0030187_22115343.jpg












 ドン・ウィンズロウとは、どうも馬が合わなかったみたい。
ニール・ケアリーのシリーズは全4点買い、ボビーZも一点、
買ってはみたけれど、結局『ストリート・キッズ』一冊だけの
つき合いで終わってしまったが、あとがきにロバート・キャン
ベル『鮫とジュース』の紹介があった。こちらの方が、もしや
好みではあるまいかと思って(ヤマカン!)『鮫とジュース』
を入手。Sが先に読んでいてもうすぐ終わる。

 Sは、面白いともつまらないとも言わない。判断中止を是と
受け止めて、ロバート・キャンベルをあと2冊頼んでみた。
 いまロバート・キャンベルで検索すると、日本文学者ばかり
登場するので、<ロバート・キャンベル ミステリ作家>で引く。

 人情ものらしい『ごみ溜めの犬』と、ハードボイルド系『L.A.
で蝶が死ぬ時』を選んだ。どちらも二見文庫。
 1980年代半ばの二見文庫は、かなり精力的に新しいミステリ
を出している。あっ、そうか、バタイユ全集の二見書房なんだ!

 刊行当時の出版物案内チラシも入っている。惹句が大時代で
楽しい。

<  滅法面白い 
  二見文庫
    THE
   MYSTERY
  COLLECTION
  ★選び抜かれた世界の傑作!>

 1986年に、”滅法”と言ってのけるセンスは、レトロスペクティヴ
指向なのか、本気(マジ)だったのか、最後の感嘆符は、斜体だし。
 でも、T・マクスウェル/小林宏明 訳『キス・ミー・ワンス』って、
いいんじゃないかしら、とまたヤマカンが耳元で囁く。 
 溜め込んだ本を読み切るまで、なかなか死ねない。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-11-02 17:01 | 読書ノート | Comments(0)


<< (5)J・G・バラード/監修 ...      (4)J・G・バラード/監修 ... >>