2016年 11月 11日

(1)ダグラス・アダムス/安原和見 訳『銀河ヒッチハイク・ガイド』を読んでみよう

e0030187_19393790.jpg












 何につけても、もの知らず。丹生谷貴志氏のツイッターでダグラス・
アダムス
という名前を初めて知り、検索すると、どうも面白そうだ。

 さっき届いた文庫本を眺めると、献辞から、すてき。

<[略]
 お茶と同情とソファをありがとう。>(p4)であり、

 第一章へのイントロダクションでは、
< そんなこんなのある木曜日のこと。たまには人に親切にしようよ
 楽しいよ、と言ったばかりにひとりの男が木に釘付けにされてから
 二千年近く経ったその日、[略]ひとりの若い娘が、いままでずっと
 なにがまちがっていたのかふいに気がついた。
 [略]
  ところが悲しいことに、電話をかけてそのことを人に伝えるひまも
 なく、恐ろしくも無意味な災厄が襲ってきて、彼女の思いつきは永遠
 に失われてしまった。
  これは、その若い娘の物語ではない。
  その恐ろしくも無意味な災厄と、その後のてんまつの物語だ。
  これはまたある本の物語でもある。『銀河ヒッチハイク・ガイド』
 という本で、[略]>(p5-6)

 そういうわけで、今から『銀河ヒッチハイク・ガイド』を読んでみよう。

 そうか、木曜日、聖木曜日って、最後の晩餐を記念する日なのか。

     (ダグラス・アダムス/安原和見 訳『銀河ヒッチハイク・ガイド』
     河出文庫 2006年4刷 J)

11月12日に続く~(?)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-11-11 15:11 | 読書ノート | Comments(0)


<< (2)ダグラス・アダムス/安原...      ゲイシャ・ジジイon TV >>