2016年 11月 18日

人形町界隈で小半日過ごす(2016/11/17)

e0030187_2049215.jpg










e0030187_20491733.jpg










e0030187_20493277.jpg










e0030187_20494656.jpg










 昨日は久しぶりに人形町界隈へ。7月1日以来、になるのか。

 地下鉄・日比谷線を直接、人形町に降りないで、小伝馬町下車。
大まかな方角だけ頭に置いて、小舟町、小網町、蠣殻町と歩いて
いたら、銀杏稲荷に出た。お稲荷さんは怖いのだけれど、ここの狐
は顔がいい。

 3番目の写真は、日本橋蠣殻町1-6-5「永楽屋」のショーウィンドー。
モダーニズムだ。

 トップの写真は、2012年9月25日に書いた"一見3階建てのモルタル造
看板建築"(日本橋蠣殻町1丁目19)だ。2012年度は、現在このお家に
住んでいらっしゃる方から建物の歴史をお話いただいたが、昨日はどこ
からともなく中高年の男性が現れ、
 「三木鶏郎って知ってますか?」と聞かれる。
 「はい、知ってます」
 「ここは以前、三木鶏郎が事務所に使っていたところなんですよ。
その当時の文人やミュージシャンが大勢、出入りしていたんです」
__彼は出現したときと同じ素早さで角を曲って姿を消した。芸能界や
放送業界の空気が感じられる方だったが。

 人形町だ。藪そばに入ってお昼。ここにいると子ども時分を思い出す。
この界隈で育ったわけじゃないのに、なつかしい。

 また、うろうろする。2番目の写真、「うぶけや」にぶつかる。
 義母が爪切りを欲しがっていたことだし、お店に入る。静かで少し
張りつめていて、うつくしい。『ティファニーで朝食を』のホリーの
気分になる。老舗っていいな。

 浜町河岸の方へ。富沢町2−1「BUBU」というお店で、これも義母に
頼まれていた、無地のガーゼのハンカチが買えた。

 浜町公園。大川の西側テラスは工事中だ。水近くに降りられない。
新大橋を途中まで渡って引き返す。川風に吹かれたからいい、ってこと
にする。
 また人形町。サンドウィッチパーラーまつむらで休む。人形町は好きだ。
  
 行きと同じルート(丸ノ内線+日比谷線)で戻る。部屋のドアを開けても
 「帰ったぜー」と呼びかける猫がいない。些細な行為・動作の欠如が、
彼女の不在を示す。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-11-18 21:17 | 雑録 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2016-11-19 00:19
さいきん足が遠のいていますが、学生時代の末廣から好きな憧れの町です。
憧れていながら、入るのは安い焼き鳥屋とか蕎麦屋だけ、うぶげやなどにも入ってみなきゃ、と思いました。
Commented by byogakudo at 2016-11-19 11:03
「うぶけや」の空気は、ぴしっと気持よいし、
爪切りは買える値段でしたし、老舗はすてき
ですね。
帰りに見かけた「東海」という和菓子屋さんも、
ぴしっ、でした。今度行ってみたい。


<< (2)芥川龍之介『大川の水・追...      (1)芥川龍之介『大川の水・追... >>