猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 28日

30分間一周/三田一丁目11番〜10番台

e0030187_19175337.jpg










e0030187_191896.jpg










e0030187_1918259.jpg










e0030187_19184247.jpg










 歩きたいけれど木枯らしが強くて、なかなか出る気になれない。
3時ころ、ともかく部屋を出た。行き先を決めきらずに。
 青梅街道に着く。まだ迷っている。地下鉄・丸ノ内線に乗ってからも
迷う。四谷のプラットフォームでも迷った挙句、南北線を選び、麻布
十番・下車、3:45pm。陽が暮れかかる。

 麻布十番の商店街がしっくり来なくて、溜池方面を目指した筈だが、
足が三田1丁目を選ぶ。2015年9月30日以来になる。

 古川沿いの新広尾公園から定点観測的に対岸を撮り、橋を渡って
大好きな三田一丁目11番台の小道を歩く。路地よりは広く、むかし
の東京の暮らしを如実に示す道幅。
 界隈は健在だ。お豆腐屋さんの向かいのスペースだったかしら、
お菓子を売っている。甘いジェリーを一袋。
 モノクローム猫と黒猫に会う。小山湯跡も残る。うっとりするような
東京の昔。

 「東京さぬき倶楽部」手前で左折。洋風の日完工芸、入口左の灯籠
ともに健在。
 「日完工芸」と「大阪王将」の間の細い道を入ってみる。三田一丁目
10番台だ。ここは初めて歩く。くるっと曲ると、お庭や門のある二階建て
木造家屋。
 門脇の、「建築写真」「株式会社 翠光社」「佐藤翠陽」と3段に分けて
書かれてある看板に明りがともる。
 戻ってから<佐藤翠陽>で検索すると、東京の航空写真を撮られた方だ。

 30分ほど歩いただけ。でも、東京を堪能する。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-11-28 20:39 | 雑録 | Comments(0)


<< (2)ロバート・キャンベル/東...      (1)ロバート・キャンベル/東... >>