猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 08日

『サイコ』中断、町村智浩/柳下毅一郎『ファビュラス・バーカー・ボーイズの地獄のアメリカ観光』へ

e0030187_21141757.jpg












 写真は12月1日に行った森岡書店のある鈴木ビル。銀座一丁目と
いうより新富町近く、といった方が分かりやすい? 向かって左隣の
近代建築風ビル、真ん中・鈴木ビル、右隣の岩瀬産業と、近代建築史
みたいな並びだ。大通りを逸れた小さな通りに残っているのが銀座。
大通り側は、わたしには必要じゃない。

 昨日はお祖師様から新高円寺へ歩いて、Myriaとvillains、そして
開いていた「古書 十五時の犬」!
 いちおう満足できる時間、滞在して、文庫本3冊。読むための本を
探す客が、わたしたち以外に二人。満員に近い。
 ファビュラス・バーカー・ボーイズと池島信平『雑誌記者』、
ドゥルーズ『記号と事件』。

 わたしは、本>オブジェ(小物雑貨)>着るもの、の順で必要になる。
音と映像は、近ごろパソコン頼み。

     (町村智浩/柳下毅一郎『ファビュラス・バーカー・ボーイズの
     地獄のアメリカ観光』 ちくま文庫 2013初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-12-08 21:05 | 読書ノート | Comments(0)


<< 町山智浩/柳下毅一郎『ファビュ...      (1)ロバート・ブロック/福島... >>